Work hard and for me

甘栗よ、ずっと永遠に。

手りゅう弾のピンを口で引き抜くアイドルを見たことがありますか?

遅くなりましたが

KAT-TUN 10TH ANNIVERSARY LIVE TOUR 10Ks!

DVD発売おめでとうございまーす!!!!!!!!!

ライブDVD12作連続1位!おめでとうございまーす!!!!!!!!!!

 

前作から2万枚ほど売り上げ枚数アップ、喜ばしい限りです。まあ前作が異常に低すぎただけなんですけどね、なんであんなに売れなかったんだろうな~。多分カツン史上一番出来の良かったDVDだと思うんだけど。 

それはさておき!

10Ks!はいいぞ!という話をします。

昨日の炎の体育会TVを見て、うえだくんへの気持ちが爆発してる今、感謝の意を示すべく売上に貢献したくなったので。

 ちなみにステマはへたくそです。

今回のDVDはみなさんご存じのとおり、充電期間に入る前の最後のライブ模様が収録されています。

でもそこが大事ではなくて、いうならば10周年のお祝いライブに付随して、たまたま充電期間突入前日だった、みたいなもので、ドキュメンタリー性があるかないかと言われればありますが、多分にあるかと言われれば、ないです。

(わたしの場合、先に中丸さんから「ドキュメンタリーチックになっている」と言われたのでわたしたちの知らない裏側の様子でもあるんじゃないかと思って満を持して拝見したところ、ライブそのままだった、というオチ)

今までで一番豪華ではないけれど、今までのどのライブよりファンに寄り添う温かいライブでした。真新しいことに挑戦するいつものライブと違い10年をとことん振り返る内容で、昔のライブでやったコントやプレゼントコーナーのオマージュ、KAT-TUNだけしか出演者がいないこと、そのKAT-TUNが体力の限界まで歌って踊ってくれていること。それがなによりファンのことを考えてくれている証明だとわたしは思っています。

 

カツンのライブは明確なコンセプトとコンセプトに沿った世界観の確立が最大の武器だと言われます。

今回は、3回目の「海賊」。

ライブのセットもOPの曲も衣装も演出もペンラも、うーん、見た人には伝わると思いますが、とにかく海賊!セットが船を模しているんですが、これが何回も形を変えるあたり、カツンのこだわりを感じます。ただ豪華なだけではなく、そこに意味もストーリー性も込められています。でもあくまでも「アイドルのライブ」ということに重きを置いていて、今回は魅せるパフォーマンスの時間はなるべく省いていたのではないかな、と思います。ソロ曲もなく、3人それぞれがKAT-TUNの曲を一人で歌う、そんな構成も印象的でした。

1つ残念なのは特効が今回そこまで派手じゃないことですかね。全部で7回?でしたっけ。(どなたかがまとめて下さってた。)その代り水も炎も火花もレーザーも映像も、ありとあらゆる方法で随所にぐいぐい詰め込まれていたので、俯瞰の映像は目を奪われる美しさでした。

(どうせ見るなら派手なカツンのライブが見たいんだけど…という方には2015年のquarterがおすすめです。ライブのクライマックスの特効は法律で決められている屋内でできる量のギリギリを攻めているんだそうで、まさに一見の価値あり。

もし他担さんで嵐さんのjaponismのテイストがお好きな方は、quarterの中のジャパネスクコーナーも凝りに凝った「宴」なので、ぜひ比較してくださると嬉しいです。もっとこうするべき、とかも知りたい。

ただライブが見たいのであれば通常盤で充分ですが、もしメンバー自体に興味があるなら多少値は上がりますがソロアングル4曲やビジュアルコメンタリーつきの初回限定盤を買うことを強くお勧めします。

特効ならquarterですが、水と炎なら2013-2014のcountdown liveがおすすめです。やはりライブのクライマックスが豪華。

とは言いつつ、実際アリーナクラスだとへたくそだったりするんじゃないの?という方に見てほしいのは2014年のcome Here。完全にメインステージのみでの挑戦。工夫がすごい!)

 

今回ライブから100日で発売という異例の速さのためか、前作よりも画質が悪い(そもそもDVDしかない時点でお察し)、映るポイントがある程度雑という難点はありますが、

引き画(この場合の「引き」とはステージ全体だったり、上からの俯瞰図だったり)が多く、また足元だけ、影だけ、なんていうおしゃれな演出のシーンもありました。

あと特筆すべきは、おたくの顔が映らない!これ天才!ノンストレス!最高!

素敵だなあと思うカメラワークは、客席の隙間から撮ったステージ。リアフェのペンラの様子も映ってキレイだなあと思いました。

 

で、わたしが今回一番10Ksをおすすめしたいのが!上田担!

いや担当じゃなくてもいい!うえだくんが好きな人!絶対10Ks!買った方がいい!

上田担目線の話をすると、今作が全12作中1番良いと思います!(ちなみに世界魂と1位タイ。世界魂は、甘栗が超絶カワイイから不動の1位、これは譲ラナイ、ゼッタイ。)

うえだくんがふにゃって笑う瞬間がDVDにこんなに何回も収録されることってありましたっけ?ないです!

うえだくんが「おはよ♡」って言ってくれる様子が収められたDVDもありましたっけ?ないです!

うえだくんが丁寧に出来る限り目線を低くしてファンサしまくるライブもそれを収めてくれるDVDもありましたっけ?ないです!

うえだくんが最初から最後まで一生懸命踊るライブもそれを収めてくれるDVDも今までにありましたっけ?ないです!(笑うところ)

うえだくんが手りゅう弾のピンを口で引き抜くところがばっちり収められたDVDは今までにありましたっけ?ないです!最高!

ほら!上田担買った方がいい!笑

まあ物理的な人数の減少に伴ってうえだくんが歌うパートも増え、カメラに抜かれる回数も必然的に増えました()

だからこそ!買った方がいい!過去DVDでどれだけうえだくんが映らないと思ってるんですか!上田担なら分かりますよね?!あんなにかわいいのに!

(それでもやっぱりある程度不服な部分はありますけれども、それはさておき。)

 

あと、中丸さんをボイパができるまじっすかの言えないのんびりした好青年だと思っている人もDVDを買った方がいいです。そのギャップには度肝を抜かれます。中丸さんは、めちゃくちゃかっこいい正真正銘のアイドルで、最高のエンターテイナーです。多分、カツン担の多くが担当云々抜きで、中丸さんに惚れてるところ、あります。なぜ?と思うなら、とりあえず、10Ks!見て!

亀梨さんをただの昔かっこつけてチャラチャラしてたセクシーで野球大好きな好青年だと思っている人も、DVDを買うべき。どんなに大きな仕事をしていても、一番亀梨さんが輝いているのはライブ中です。もちろんかっこいいです。でもそれ以上に、カワイイんですよ、テレビでは見たことないくらいおどけてにっこり笑って、楽しそうに歌い踊る亀梨さん。そんな亀梨さんを見ていると、この人からライブを奪ってはいけないのだとしみじみ思う時があります。それぐらい、楽しそう。ね、見たくなるでしょ、そんな亀梨さん。

 

ということで、

もう一度言います!

10Ks!はいいぞ!!!!!!

 

 

 

 

 

 

流行りのじゃにおたばとん

誰もわたしに興味ないのは知ってるんですけど、ばとんの世代なので!笑

 

じゃにーずおたく自己紹介ばとん

【名前】

きゃりー

 

【今の担当は?(複数可)】
名前:上田竜也
好きなところ:顔、声、ソロ曲へのこだわり、言語センス、隠しきれないカワイイ&お上品さ
担当になったきっかけ:
ウタワラ」にて和太鼓の横でギターをかき鳴らすこの人は誰?!好き!
→うえだくん全然カメラに映らない!応援できない!
→「喜びの歌」PVのうえだくんの茶髪カワイイ!!!!!!!!けどまだ映らない…
→「Love Yourself」PVの2番サビ「君が嫌いな君が好き」の「き」のうえだくんで完オチ
→今に至る

 

【いつからジャニヲタ?(きっかけも是非)】

ウタワラ出(2005)のようなラブユア出(2010)のような、永遠の新規以上の新規。

きっかけは上の通り。

 

【担当遍歴】

うえだくんだけ。

 

【好きなシンメorコンビ(への思いも是非)】

心から愛し焦がれてるのは(キモ)ロバ丸一択。二人が話してるだけで幸せ。もはや目線交わしただけでも幸せ。ロバ丸は運命のシンメ。
仁亀は伝説のシンメ、でんでんは奇跡のシンメ、ふまけんは宿命のシンメ。

 

【1番心に残ってる現場】

10Ks!のオーラス。あんな現場、もう一生ないだろうな。あるとしたら復活ライブ。

もう1つ、初めて行ったKAT-TUNのライブ「CHAIN」。間近でうえだくんを見て、うえだくんって生きてるんだなあと思った。

 

【初めて行った現場】

テゴマスのまほうコン in横アリ。友達に誘われて。帰り際にペンラ落としてぶっ壊したことと、スタトロ?がすごいかわいかったことしか覚えてない。

 

【最近行った現場】

直近だとサマステオーラス。あとJIN AKANISHI。
EXはババアにはきついのでもうやめてください。私のために。

 

【次行く現場】

ジャニーズ・フューチャー・ワールド in梅芸 に行ってきます!
ノイナ厨はノイナが聴きたくなってしまった。 

 

【記憶に残ってるファンサ】

サマステで柵最前から3列目の立ち位置0ズレに入ったとき、れんれんにペンラ振ったらその辺の永瀬担みんなとまとめてピロピロ手振ってもらえました。
あと浮所にペンラ振ったら全力で手振りかえしてくれたの、多分しばらく忘れない。

うえだくんとファンサの思い出はないです。

 

【好きな曲TOP3(理由もあればどうぞ!)】

1位:RAY(派手だから、うえだくんも絶対気に入ってるから、うえだくんの手がかわいいから)
2位:PHOENIX(尊いから。カウコンもquarterも好き)
3位:HELL,NO(あれをかっこいいと呼ばずしてなんと呼ぶ)

今パッと頭に浮かんだ3曲。(雑)

 

【好きな振り付けTOP3(好きポイントも…!)】

1位:RAY(うえだくんがとことん気に入っててわざと服のヒラヒラが大きく舞うように踊るのが神様みたいで好き。quarterのソロアングルを見てほしい。)
2位:RUN FOR YOU(PV見て!うえだくんがきれいだから!!あのときの振り、今はどこにも残ってないけど!いつまで経ってもあのPVがカツンの中で一番好き。)
3位:DON'T U EVER STOP(KAT-TUNが横一列で踊るのもWセンターも三角形も全部好き)

 

【自分がJrになれたらバックにつきたい曲(複数可)】

1位:REAL DX(サマステの1番!2番!3番!海人!すのーまん!らぶとぅん!で病み付き)
2位:僕の背中には羽根がある(キンキの元バック担として捨てがたい)
3位:ART OF LIFE(殴られたい)

 

【1番好きなペンライト】

10Ks!の銃ラ。これを持つとめっちゃ声出る。

次点でサマステの王冠ペンラ。普通にかわいい。

 

【1番好きな衣装】

本当に一番好きなのはquarter1日目の最後に着てた赤い衣装。次の日になぜか赤い部分がすべて黄色に変わってて、それっきり。

海賊帆、女王魂、10Ks!のOP衣装、あとシクセンとかで着てたジュニア時代の迷彩、漫画魂の迷彩も好き。

 

【よく買う雑誌】

Wink Up。カツンがお世話になりました。

 

【この映像は見て欲しい!というオススメ】

海賊帆。

 

【ジャニヲタになる前の趣味は?】

佐藤健くんのおたく。

 

【最近気になっている子】

永瀬廉くん、Mr.KING
きっとこのブログを読んでくださってる人なら、れんれんって担当じゃないの?!って驚くんじゃないかレベルで丸1年ドはまりしてます(写真集おめでとう♡♡♡)。この子のためにできることはなんでもしてあげたい、とは思いますが、でもうえだくんと同列でも以上でもない、というのが私の見解。ただ、れんれんでもバトン1個分書けるよ!それぐらい好き!!!!

 

【最後に一言!】

最近永瀬担ばっかりに囲まれて永瀬担と呼ばれることも増えたので、これを機に改めて自分が掛け持ちスタンスではないと実感できて安心しました笑 れんれんについての内容を期待してくださった方には申し訳なかったかなあと笑

 

きんぐ公演(後半)に参戦した感想。

改めまして、Mr.KING、HiHi Jets、ClassmateJのみなさん、サマステジャニーズキングお疲れ様でした…!

特にハイハイの羽場ちゃん猪狩作間浮所(五十嵐!!忘れてた!ごめんね泣)、かな?は皆勤賞だそうで。最後まで良く頑張ったね(泣)

きんぐ公演後半は 8/27 1部、8/28 1,2部に入りました。

きんぐ公演(前半)が終わった段階である程度感想は書いたので、前半と違うところ、改めて感じたこと、などなど、ざっくり感想を書いていきたいなと。

読むのは自己責任でお願いします。

 

最初に言わなければならないこと。

めちゃくちゃ楽しくなってた!!!!!!!!!!!

前半で参戦した段階では割とチケットをこんなに取ったことを後悔するレベルであまりの肌の合わなさ具合に落ち込んでいましたが、きんぐちゃんがライブを盛り上げるのがとても上手になっていて、わたしは感動しました(泣)

劇的に変わったのは、みんなすごく煽ってくれるようになったこと!

別の公演でほかのジュニアちゃんたちがやってくれてたタイミングをマネするようになってて、しかもきっちり間奏が終わるギリギリまで煽ってくれるんですよね、ライブにおいてそういうのが大事だと気付いてくれたんだと嬉しかった!3人しか歌わないからしんどいだろうに!えらいよきんぐちゃん!!!!!!!おかげで今日わたしの声はガラガラだよ!でも全然いいよ!たくさん声出させてくれてありがとう~~~!♡♡♡

これがあるのとないのとで全然違ったから!きんぐ担は本当に声出さないしハイクラ担は本当に非協力的だからきんぐ公演ってなかなかレスポンス小さいんですけれど、それでも最初より絶対マシになってたよ!きんぐちゃんのおかげ!よく頑張った!

 

あと前半後半気にせずとりあえず気づいたこと!

しょおくんは、ものすごく隅々まで目を向けていて、できるだけ端まで行ってたくさんの人の目を見て、手を振って、ずっとニコニコしていること。27日はお友達のおかげで超早番に入れたので、間近でステージを見てきましたが、ダントツしょおくんが目線の届きにくい足元の最前から壁際まで、色んなところを何回もしっかり見てくれたと感じました。
あと、ここ最近で一番ダンスに熱が入っていた気がします。Explosionの最初にジャンプする振り付けでしょおくんだけ頭一つ高いのが印象的でした。前よりジャンプが高くなった、多分。身長差も考えればかなりジャンプしているはずなのにきっちりカウント合わせてくるしょおくん、すごいかっこよかった…(小並み感)これが座長オーラ、と恐れおののくほど、残像すらもキラキラして見えた。ちょっと痩せてしまった気がするけれど、肌荒れもそんなにひどくないみたいで、安心しました。
金髪巻き毛しょお子さんの美しいことよ。きんぐではしょおくんだけが女顔なんですねえ。似合いすぎて美人の一言しかなかった。あと、前半のときも言いましたけど、意外ときちんと設定守ってくれるところがかわいい。廉よりよっぽど上手。笑
MCは、ひらプリ公演で仕方なくド真ん中で一生懸命しゃべってたしょおくんが、きんぐ公演だとれんカイのふわふわした会話を更にふわーっと眺めてることが多いですよね。これが本来のしょおくんのペースなんだなあと。かと思えばポエムを振られたらめちゃくちゃ上手!笑 

(*ΦωΦ)「平野ポエム!雪!」(という振り方をされるw)
(ㅍ_ㅍ)「ゆきっ!そらの、ほーこり!♡」

こんなパッと振られてかわいく返せるしょおくん、尊敬しました!笑 あまりに言い方がかわいすぎて未だにしっかり記憶してます。というか「雪」と振られて「空の埃」と連想するその言語センスが最高すぎる。あと「お寿司」もその場で歌作ってましたけど、天才かな?!って思いました。シャリを一粒一粒の集合体って。笑

れんれんは、17日からのストトラ公演以降ずっと連勤でお疲れだったのを笑顔の少なさ、ファンサの雑さでひしひしと感じました。あとニキビ増えた。でも決してパフォーマンスの手は抜かないし、むしろ、サービス精神旺盛で今までの公演と違うことを積極的にやってくれていたと思います(チラリズムでサングラスを一瞬上げて舌を出してくれたり、はだけてくれたり、Think u x.で「3.2.1」のあとウィンクじゃなくてチュッ(∂ε∂)だったり、QUEENコーナーでとうとうカツラをかぶってくれたり笑)毎日同じように公演をこなしていくわけじゃなくて、少しずつでもいいからパフォーマンスにバリエーションを増やしていこうと努力することは大事なことですよね。これも、ストやトラジャさんから学んでくれたのかなあと。
MCのれんれんは、カイちゃん任せにするところがあったり、レスポンスしてあげたり、前よりもカイちゃんを信頼しているというか、任せてもいいだろうと思っているような気がしました。色んな話題を振ったり、しょおカイの話を拾ったり、ちょっとボケてみたり。すんごい楽しそうに、そして素直に話をしてくれたのが印象的。ストトラ公演のときも思いましたけど、もうすぐサマステが終わってしまうことが寂しいと言える廉くんが好きだなあと思いました。おたくを置いてけぼりにしてないか心配してくれるところも良かった。何も気になさらずそのままどうぞ3人でわちゃわちゃおしゃべりしててください…( ◜◡◝ )と顔がゆるゆるのおたくです()
声が足りない!と何回でも煽ってくれるれんれんが新鮮で、ストトラ公演のおかげですね、ありがとうございました。

anotherの見学ではやってくれた「子丑寅卯、立つ me!」をずっと見たかったので、オーラスでやってくれてめっちゃ嬉しかったです!♡でもドレス着たままだしそもそもしゃがむと分かりづらいしで、おたくの反応が微妙になってしまった、れんれんごめんな…

靴下の柄が異様にダサかったり、ギャランドゥが生えてたり剃ったり、パンツはいつものOUTDOORだったり、そういう隙だらけなところがかわいいよ…()

カイちゃんは、いついかなるときもきちんとパフォーマンスをしてくれることにまず感謝。ドリボで忙しいだろうに、前半も後半もいつでも変わらずきちんと踊るしおたくの目を見る、素敵なカイちゃんでした。

27日1部の本編終了時ステージの間近で見たカイちゃんは、幕の閉まり方の関係で、上手付近の最前から数列目くらいまで(ちなみにほぼ永瀬担またはハイクラ担)は幕と幕の隙間からカイちゃんだけがたまたま見えてたんですが、完全に見えなくなるまでポーズを取ったままにっこり笑って手を振り続けてくれたカイちゃんにそこらへんのおたくみんな釘付けでした。海人担がいるのかと思ったくらいの素敵な笑顔で、思わずみんなペンラ振ってました。(ちなみに、カイちゃんが見えてたおたくの中に海人担はいませんでした)本当に素敵なところを見てしまって、次の日も同じタイミングでついカイちゃんを見てしまうほど。さすがでした…。

あと、本当に心臓が強くなったなあと。先ほども言いましたが、MCにおいて自分ひとりで話していける強さ!おたくへ質問やC&Rを投げかけたり、上手な返しを考えたり、おたくの反応が鈍かったとき()は自分で処理したり、ネタを用意しておいたり、前と違って2人に頼らず臆することなく話してくれるのが新鮮で、そこに関してカイちゃん自身も自信が芽生えてるのがひしひし感じられてとっても良かったです。これもらぶとぅんさんすのーまんさんのおかげです、本当にありがとうございました…(母親目線)
あと、おたくに話しかけるときに比べてしょおれんと話すとき、ちょっと言葉遣いが雑になりますよね、そういうところが見られるのもライブのMCならではだなあと思いました。次は来年なんでしょうかね…
オーサマーキング2番の最後、「ファイヤー!」というところを「まだまだいけるぜー!」的な感じでバラードから切り替えてBTNを盛り上げてくれるカイちゃんが本当に好きでした。
パフォーマンスでいうと、前半ではあまりわたしに余裕がなくて気づけませんでしたが、本当にしょおやれんのことを良く見てる。特にブリュレ。あの曲、曲中しょおくんを見てはしょおくんに合わせてクセが弱めのカイちゃんのダンスが見られる貴重な曲ですよね。
チラリズムではれんに後ろからホールドされて嫌がるカイちゃんがお兄ちゃんにいじめられてる弟みたいで好きなんですが、仕返しに廉の服をバリバリはだけ始めたときは思わず声が漏れました、ごめんなさい、カイちゃんありがとう~!!!()()
声変わり真っ最中だから、オーサマーキング2番でカイちゃんの裏声が聴けるのも良かったです。もっともっと低くなりそうですよね、喉、大事にしてね。
良くも悪くも、カイちゃんのパフォーマンスはサマステが始まる段階で完成しきってるんだな、前半と後半で違うところがあるのは、らぶすの公演を乗り越えたおかげなんだろうなと思いました。これがなかったら、もしかしたらこの夏でカイちゃんの成長を感じられる部分はあまりなかったかもしれません。だからこそ、ドリボでカイちゃんがまた何か得てきんぐに持ち帰ってくれるであろうと期待しています。今から楽しみ。

 

あと、その他感想ですかね。

浮所がヤバイ(真顔)

まず笑顔率がおかしい。ほぼ笑顔。いつも笑顔。ずっと笑顔。

顔がかっこいいだけですごいのに夏の間ずっとサマステで毎日公演やっててあの笑顔って。天才かな…?今ちょくちょく浮所への担降りを耳にしますが、納得しました。あんなにかっこいい子が笑顔で一生懸命頑張ってるのを見てると、応援したくなりますね。あとめっちゃ手振ってくれる。ファンサの量がえぐい。上手柵前のゴミゴミしたところにいたとき、浮所がバルコニーの途中にいたので、あ、浮所だ~ってペンラ振ったらめちゃくちゃ一生懸命手振りかえしてくれて、あかん、やばい…って思いました。これ絶対分かる人いますよね!?ちなみに、浮所くん♡くらいのテンションで「うきしょ」って呼んでます。飛貴くん♡って呼び始めたら笑ってやってください。

ジャニワでにこにこしてたのが印象的だった松井奏くんは1か月見ないうちにまた背が伸びたようで、どこのモデルかと…公称176cmだそうで、まだ伸びそう。超顔ちっちゃい。ひとりにょきにょき背が高くて目立つ。

ウキウキドキドキ和田優希くん(体育会TVで覚えた)もにょきにょき背が伸びてて、後半のサマステで見たときは誰だ?!って軽く焦りました。おとこのひとっぽくなってたの、感動した笑 男子高校生、すごい笑

髙橋ユウピー優斗くんは、ドラマ撮影での欠席以外は全公演出席だそうで、しかも羽場ちゃんと立ち位置が入れ替わってる曲も多数あり、精神的にも体力的にも本当にきつそうだなあと思ったときもありましたが、長丁場お疲れ様でした。ユウピーも写真<実物タイプなんですね、間近で見たら肌がきれいでかっこよすぎて引いた。彼のHairで「導いてあげるよ midnight crazy」がたまらなくよかった、ていう話は2回目ですけど、本当に「midnight crazy」が絶品!もう毎度見てるので覚えました、ユウピーのが一番良い。でもオキテコーナーと愛は味方さの事故率がひどかった、がんばれ笑 

佐々木大光くんがしゃべってるところはオーラスで初めて見たんですが、まだ子供!感満載の度胸、というか肝が据わってるというか、ジェさんのモノマネ、めっちゃおもしろかった!笑 あと私のオキテできんぐちゃんたちがつけてたカツラ、気づけば大光くんがかぶってることがままあったので、そういうおもしろいことが好きなタイプなのかなー?と思ってます、知らんけど。元々ダンスを習っててカイちゃんに憧れてる子ですよね?カイちゃんのソロダンスのバックにもいるし、Hairの(最初は旧ハイハイ4人)3人追加された後は大光くんセンターで、あとrougeにもバックついてますよね、すごい目を引くのでついつい見てしまいました。あのダンス、好きです。
大光くん(立ち位置はセンター)以外の追加がいがれお(下手側)、とユウピー(上手側)というどっちもハイハイちゃんなあたり、大光くんはダンスが上手い枠なんですかね、でもそれぐらい良かったです。いがれおもめちゃくちゃダンス好きなんですよねー!そんな真っ黒になっちゃって、陸上部のせいだよね、ってちょっと申し訳なくなりました。いがれおの「腰に手を回して~」以降も頑張って見てます。視野の限界に挑戦。いがれおもカイちゃんソロダンスのバックにいますよね、あー分かる分かる~!って思いました。(追記!いがれお、花束に願いを、でハーモニカ持たされてて、ハーモニカなんて曲の超一部分しかないのにハーモニカ吹く以外やることなくて一生懸命のってたのめちゃくちゃ愛おしかった)

今野コンピー大輝くんは28日1部で前髪をピンで留めてるのを見たときはちょっと戸惑いましたが、花束のときはもう戻ってて安心しました。色が抜けたのかだいぶ髪色が明るくなってましたが、そろそろ戻しちゃうのかな…黒髪コンピー見たかった…しょおくんのトーチトワリングのとき、バックの子の衣装は裾がフレアになってて、体の向きを変える度にふわっとなるんですけど、そのときのコンピーがとにかくかわいかったのと、あとオキテコーナーで正座してきんぐちゃんたちを見てるんですけど、かわいいかどうか聞くカイちゃんに対してうんうんうなずいてたコンピーかわいかったんですけど、皆さん見ました?見てないですよね…

作間くんは、アンコールのオーサマーキングでしょおくんが歌ってる間、れんがいっつもおしゃべりして、グータッチしてるイメージなんですけど、去年のサマパラでもうローラースケートやってましたっけ、れんれんの指揮棒コーナーでびゅーんと滑ってるのが旧ハイハイばっかりの中で作間くんもいるのが印象的。どこでそう思ったのかは忘れましたが、ちょっと変わった子なのかなあと思った覚えがあります。

羽場ちゃん、オラフめっちゃかわいかったよ!!!!羽場ちゃんを見てると泣きそうになります、頑張れ。耐えてほしい。

橋本涼くんはたまたまわたしの入ってる公演でなかなか話すことがなくて、見られなかったのが残念でした。かめちゃんに憧れてる割にソフトに煽ってくれるんだなあって思うとかわいい笑

みずきは、物まねできるタイプじゃなさそうなのにオキテコーナーでやってくれるのは驚きました。岸くんのマネが上手。肌荒れが心配。ローラースケートコーナーでれんれんと息を合わせて、3つ手叩いてパフォーマンスし始めるの超かわいかった。Hairの大サビでハイクラ全員で踊るのが本っ当に圧巻でわたし大好きなんですけど、みずきの存在がやはり大きいなあとしみじみ思いました。Hairは一度少クラでやってますけれども、前と今とではみんなだいぶ魅せ方も変わったと思うので、どうかもう一度お願いしたいです!JET boysはドリボが終わったあとはゆっくり休めますように。

猪狩は、もっとまじめにダンスしよう、話はそれからだ。

 

オーラスのWアンコは「Hello!春色」でした!きんぐ担ってどこのジャニーズもとおってない人が多いのか、アンコールも声出さない人が多くて、でもWアンコまではなんとかつながってよかったなあとほっとしました。グループができあがっていくにつれて、こういうのもちゃんとやってあげられるファンでありたいなとわたしは思いました。がんばりましょ!去年はトリプルの代わりに挨拶があったんですよね、うーん、そこまでやってあげた方がよかったのかもしれないけれど、Wアンコのきんぐちゃんたちに良い意味で満足してしまって、それ以上声を上げる気にはなりませんでした。

サマステは今年初めての参戦だったので、ハロハロは聴いたことがなくて、テレ朝の野外の方でセトリに入っていたのにサマステではやらないのがなかなかショックで、アンコールで聴けたのが個人的にはとても嬉しかったです。普段あまり聴かないのでイントロじゃ全然分からなくて、(ㅍ_ㅍ)「目覚ましよりも~」であ!ハロハロ!って驚いてしまいました、鈍い…笑 気づいたら自然と「ハロ!」「ハロ!」ってペンラ振ってました、楽しかった!!!

 

きんぐちゃんたち、たくさん幸せをありがとう!本当にお疲れ様でした!

サマステが発表されたときはどうなることかと心配したし、サマステが始まったときはどうなることかと絶望したけれど、Mr.KINGのサマステはPrince、松松、天才Genius、Love-Tune、Snowman、SixTONESTravis Japan、HiHi Jets、ClassmateJの方々に助けられて無事終えられた夏だったと今改めてしみじみ思いました。きんぐのライブがよりよくなったのは、偏にほかのジュニアのおかげでした、感謝、の一言では足りないほどです。私自身、サマステのおかげで今まで知らなかったほかのジュニアのライブを知ることができてとても充実した夏でした。どのグループも単独でライブしたかっただろうな。きんぐが本当にお世話になりました。他担の方々も、声出してくれたり、反応してくれたり、協力的な方もたくさんいらっしゃって、本当に嬉しかったです。

夏が終わってしまったことが寂しい。

これから、とくに廉は次の現場が決まっていない状況ですが、ここぞとばかりにのんびり待っていようと思います。

ありがとうございました。

 

厳しいこともひいき目も失礼なことも多分に盛り込んでますが、少し前にきんぐ公演の細かい曲等の感想と、サマステの他の公演の感想も書きました。一応、読むのは自己責任で。

tr10040123.hatenablog.com

tr10040123.hatenablog.com

 

サマステ(ひらプリ、らぶすの、ストトラ公演)の感想。

 

きんぐ公演以外の各サマステ公演に行ってきました。

案の定うろ覚えなので感想はできる限りざっくりいきます。

ひいき目を盛り込んだ結構失礼な内容なので読む読まないは自己責任で。

ちなみに、らぶすの公演は柵前、それ以外は全部遅番です。

 

平野紫耀Prince松松天才Genius】(6日昼、13日昼) 

全体的にノりやすいメジャーで声出せる曲、カッコイイ曲が多めで、しかもちゃんとPrinceちゃんたち?かな?がしつこくおたくをあおってくれるから声が出しやすいライブ。知ってる曲が多くてありがたい…笑 きんぐちゃん公演でもわたしは叫びたいよ~!

紫耀くんのソロ3曲は、内2曲が割と似た感じのしっとりした曲で、もっと盛り上がる曲入れたらセトリの雰囲気もがらっと変わったんじゃないかなあと思いました。というか、自分のファンが少ない公演の割には攻めた選曲だなあと。(そこまで深く考えてないだけかも?)

ぷりんすちゃんたちのオリ曲もバラードだから、盛り上がる曲としっとりした曲を行き来するセトリだった?気がする?でも後半の各メドレーとか、ライブ終盤に向けてちゃんと盛り上がっていくのが楽しかったです。これは大事なこと。

 グループ対グループではないというか、天才松松はやっぱりグループじゃないかから、そこの関係性はやっぱり難しいし、天才ちゃんはやっぱり一歩引いてて、せっかくのコラボも紫耀くんとぷりんすちゃんのバックに天才がいる感じ?はもったいないなあと思いました。

だからMCも詰まっちゃうのかな、紫耀くんの孤軍奮闘に見えるというか。たまたまだったらいいんですけど、とっ散らかり方と、しゃべる気のある人ない人、色々でみんなしゃべってあげて~~って思う気持ち、うん、あれは分かる。だから神宮寺さんのレスポンスが余計優しく聞こえて、おっとこまえ~~!(っTωT)ノってなってました。最近めちゃくちゃかっこいいよね、って言ったら担当の方々に怒られるのかな()

オーサマーキングを一人で歌う紫耀くんとても良き紫耀くんで好きでした。なかなか貴重だよね、一人で歌うなんて。紫耀くんは♡の半分を腕で作る感じ。(こう、ウキ!て頭に手置くおさるさんポーズの右手だけ、というか…)どうしても正面から見たくて、2回目は後ろの方ですが0ズレで投げチューいただきました。至福。きんぐ!きんぐ!てやってくれる人もいてありがたかった。

Prince Princess、少クラで見たときもものすごい好きな曲だったんですが、改めてすんごい良い曲ですね…!ぷりんす担がうらやましい!振り付けがかわいくて、つい青いペンラで踊ってしまったから周りにいた人はものすごい迷惑だっただろうな()岸くんがセンターで3人が真ん中にぎゅっと集まるところ、(ありましたよね?)好きです。かわいい。髪色も相まってバランスいいですよね。

わたしこの公演で初めてぷりんすちゃんにお目にかかったんですけれども、岸くんが踊ってるところ(テイクミーハイヤー、僕のVanpire)を見ては、岸くんだ!本物だ!すごい!岸くんだ!ってずっとテンション上がってました笑 ファンサがシンプルで良い。このくらいシンプルだとジュニア担でも諦めがつくのかな。ほんっとに好き。

岩橋さんのファンサはすごかった。ものすごかった。投げチューファンサとおたくの声の完全なるC&Rで、サングラス外したかめちゃんにキャーというカツン担と同じだった。これが岩橋担…て感動しました笑

テイクミーハイヤーは、6日に見たときはやっぱ髪型似てる…笑 って思ったんですけれども、それよりも、もっとしょおくんが踊るところが見たかった!岸くん、V6が似合う気がする。うそ、なんでも似合うよ。

離さないで愛は、岩橋玄樹平野紫耀を添えて~ みたいな感じでした(伝われ)わたし紫耀くんに詳しくないので分からないんですけど、こう、カワイイ曲での表情の種類はたくさんあるのに、ちょっと大人っぽかったりえろい曲だったり、カッコイイ曲だと、全部表情が同じ気がして、だからセトリに暖色よりは寒色、カッコイイ曲や大人っぽい曲が多い平野公演はきんぐ公演に比べて辛そうとかつまらなさそうとかそういう声が少なからず聞こえてくるのかなあと思ってみたり。この曲の本高くんがめちゃくちゃ麗しくてたまりませんでした。この曲に限らずって話ですけどね!ほんっとに!

交差点は少クラで見たやつだ!ってなりましたけど、せっかくなら別の曲が良かったですかね、これも落ち着いた曲だし。でも好きだから全然いい()

BYAKUYAエレショ24-7あたりは個人的に曲が好きだからもうしょうがない。りんねが肩なんて出すから…そんな、だめよりんね!しまいなさい!ってわたしは母親か。

 クレムン松松は、シンメの尊さを見ました。(クソシンメ厨)ジャニーズにおいてグループにも所属せずただシンメというだけでステージに立ったジュニアって今までどのくらいいましたっけ。キンキさんとかぐらいでは???自分たちがシンメであるという自意識がたまらなく良かった。シンメが同じ髪色なのはきっとシンメ尊いってことになりがちなんですけど、いかんせん遅番だとぱっと見どっちがどっちなんだか分かりづらくて、もったいない…。

勝つんだWINが、最初のフォーメーションはナシ、最後のフォーメーションは3人+神宮寺さん、というのが、こう、やたら胸に迫るものがありました。あと2人足りない。迷惑な話ですけど、でもわたしは、6人のが見たかった。ハハッが見られただけでも良かったかな。しょおくんだけヒラヒラが多くてとっても踊りにくそうで笑う。

最後らへん、JUMBOとかめちゃくちゃに盛り上がって、そのまま街角DEEP BLUEとかGOまで走り抜ける感じ、かっこよかったです。

アンコール

6日昼のGUTS!は、ぷりんすちゃんは後ろで待機。なのにチビジュ?ハイハイ?のラインダンスに岩橋さんが混じってると押しのけて座らせて自分が混じる、

その隙にじぐきしがメインに混じって騒ぐ、しょおくんがそれに気づいて二人を後ろに連れ戻す、てくだり2回はやってて、死ぬほどかわいかった

weeeekはみんな楽しそうにただぴょんぴょんしてるの超かわいいしこっちもノりやすいし、あ~きんぐ公演もこんなアンコールがいいなあと思ってしまった。オーサマーキングはしつこい…。

 13日昼の部に入ったときは、ノーマター・マターだったんですけど、これカツンの曲じゃないですか、案の定泣いちゃって()ぷりんすちゃんが少クラの振付で踊ってたことぐらいしか覚えてないですごめんなさい。

2公演ともかなりの遅番だったので、本当はもっと楽しいんだろうなあと思うときもありましたが、入ってよかったです!楽しかった!お疲れ様でした。

 

【髙橋海人Love-TuneSnowman】(12日2部)

セトリがほんっとに好きでした!知らない曲ばっかりなんですけど、とにかくめちゃくちゃに煽ってくれるから楽しくてしょうがない!あんなに声出したのは久しぶりで、公演初日までは譲りが多かったのに、始まってみたらあっという間に相場が上がったのが分かります、わたしももう1回見たかった。あとファンの方々の雰囲気が良かったなあと思います。お友達に譲ってもらったチケットだったのでなんにも知らなかったんですけど阿部ちゃんふっかの入所日だったそうですね、だからすの担が多かったかな、見たアンコールはLucky Manでした。

というかあらんちゃんまじでめちゃくちゃかっこいいね、かっこよすぎてドン引きした。なんで誰も教えてくれなかったの…キラッキラしてた。釘づけ。ずっと見てました()()

カイちゃんが登場する瞬間、地味にめっちゃ感動してしまった。

超声変わり真っ最中だけどオーサマーキングの生歌頑張ってて、(というか声変わりのせいで生歌って分かりやすすぎた)わたしのうろ覚えな記憶だと、最初のセリフは煽っててナシ、「ラブと」「ラブで」に合わせて計2回片手で♡作ってたかな。一人で歌うのもカワイイ。良き。

というかそれよりRemedyですよ!!!!!!観た人の評判がめちゃくちゃ良くて、流れてくるやみしゃも見ないように、すんごい期待値上げて臨んだんですけど期待をはるかに超えて鬼カッコイイ()…もう卒倒するかと思いました。後から知りましたが、自分で振付考えてたんですね、だから海人さんの得意な振り付けばっかりでもうそりゃあ絶品ですよ、あれは何回でも見たい。ハイハイちゃんの膝に乗って肩に腕かけたとき(伝われ)はもうね、ひどい。つらい。海人さんがかっこよすぎて。スカリミ→エタマイと来てRemedyを持ってきたのが大正解すぎてめっちゃ尊敬した。多大なるひいき目。衣装のだぼっだぼのパーカーもさすがストリート系、さすが元金髪。笑 何回でもいうけどほんっとかっこよかった~!

青春アミーゴは、だて様とあらんちゃんだったんで、わたし顔が好きな方のあらんちゃんを見たかったんですけどね、背丈も体型もだいぶ違うのにあまりにだて様がかめちゃんの動きを完コピしてて、気づいたらだて様見てました笑 すごいんですよ、完コピが。足の上げ方、身体のひねり方、右手の出し方。ずっとニヤニヤしちゃいました。さすが強火。ありがたい~!クリエのセトリもね、だて様には感謝してる~~!(どさくさ)

その次、愛かたのイントロって聞いてたんですけど、いつからVanillaに変わりました?あの流れおもしろかった!もったいないけど、ああいうの好き。笑

しゃべればいつものカイちゃん、超かわいかった。というか先輩たちにかわいがられすぎてた。おたくをあおるのもすんごい上手で、レポ見る限り最初はあまりうまくできなかったみたいだったけど、すさまじいレベルアップだよね、ほんっとに上手だった!きんぐ公演前半でそんなところかけらもなかったのに!笑 先輩たちもすんごいほめてくれるから、カイちゃん超嬉しそうで、よかったね…って泣きそうでした。とにかくかわいい。大好き~~!!!って大声で叫べたの、めちゃくちゃ楽しかった。

先輩方といい関係性が築けて良かったなあ。きちんとレスポンスしてくれるし、話は広げてくれたり盛り上げたり、でもカイちゃんの話だけにならないよう多方面に話を振ってくれる人がいて、誰かだけに話が偏らないように、ってMCの理想じゃん?!本当に話題の中心が万遍なくて、先輩方のことめちゃくちゃ尊敬した。安井姐さんはもちろんだけど、Snowmanさんも。

Love-Tuneがパフォーマンスする前にペンラを消すようお願いするとき、普段はSnowmanが言ってたのかな?わたしが見たときは

「海人がやってみ」って誰かが言ってくれて、

海人「らぶとぅーんは、光と音を操る人たちでぇす!」

Snowman「パフォーマンスな」

って優しく訂正してくれて、うわーいい先輩!って感動した。やらせてみることと、そのサポートが絶妙!大人ってすごい!ってなった。(Snowmanはわたしと同世代だけど笑)

Love-TuneもSnowmanも、パフォーマンス中に急きょいつもと違う流れがあったみたいなんですけど(真田くんがコップをキャッチ、阿部ちゃんの階段からの台宙)そういうことができるのも、ある程度場数踏んでる人たちならではだなあ、と思いました。やっぱ毎日の同じ内容の公演の中でそういうことがあると盛り上がる。阿部ちゃんの台宙なんて近くにいたすの担の人が「え!うそ!!!」てめっちゃびっくりしてたから、そこでわたしは、阿部ちゃんって台宙しないんだなって分かったくらい、Snowmanの人たちもびっくりしてたけど滞りなくパフォーマンスができるんですね、すごい。

花に想いを、はいつも通りだとして(でも花びらシャワー浴びるきんぐ公演verの方がかわいい)(すの担からかわいい~って言われてた!)

ネクドリですよね、センターに一人、高いところで目をキラッキラさせながら歌うカイちゃん見て涙出そうでした。危ない。俄然ドリボが楽しみになったな~(観に行きません)

Snowmanさんはあんまり詳しくなくて。最初に認識したのは少クラで中丸さんの「step by step」のバックだと思うんですが、それ以降だとジャニワでやっと全員一致しました、ってくらいです。

でもライブでめっちゃイメージ変わりました、やっぱりフォーメーションがね、好きなんですよね、わたしの原点はやっぱり6人グループなんですよ()()1人が歌ってまわりを5人が囲んだり、三角形をつくったり(カツンのSHOT!みたいな。大好き。)、6人という人数を活かしたパフォーマンスの多彩さはすごい魅力でした。

まあ場数を考えれば言及すること自体失礼かもしれないんですが、1日3公演、最初から最後まできっちり全力でパフォーマンスして尚体力がちゃんと余ってるタフさがめちゃくちゃにかっこいいなと思いました。

あと、もう失礼を承知で申し上げると、Snowmanさんって「生で見た方がカッコイイ」を体現してるというか、動いてなんぼのグループだなあと思いました。佐久間くんのちゃんと魅力を分かってるダンスとか、たまらなく好きでした。岩本さんがかわいすぎて、公演が終わる頃には「ひーちゃんかわいい…」てずっとぼそぼそ言ってました、でも左手で右サイドの髪の毛撫でつける仕草が麗しすぎて声出しました、周りの人、ほんっとごめんなさい。佐久間くんは雑誌とかで上田くんのお名前を出して褒めてくれる方なのでそれなりにちゃんと知ってたつもりなんですけど、ほんっとダンス…!ダンスやばい…!(語彙力不足)純粋にあべちゃんがすんごいかっこいいなあと思ったのと、カイちゃんと並んだふっかが白すぎて笑ったのと、MCで「しょっぴー」関連のくだりが見られなくて悔しかった、ていう感じです。(雑)

Love-Tuneで最初に言いたいのは、わたしも安井姐さんと同じで萩谷さんの金髪は反対ってことですかね!というからぶすの公演、金髪多すぎて笑う。あらんちゃんと長妻くんの同期コンビが控えめだったから、もっとしゃべってるところが見たいなあ。入所はジャニーさんの誕生日ですって。覚えた。みゅさんの話の割り込み方がのんびりしててかわいい。この日の真田くんは最前の人にいじられたり、その件で最後までおいしいところ持って行ってて、あと諸星さんは「食べないデブ」ワードで笑いすぎました、らぶとぅんさん、ほんとにあらんちゃんしか見てないなって伝わる感想の薄さですね、申し訳ない…。

7人がまだバラバラで、まだちょっと遠慮もあるかもしれない?でもパフォーマンスがすごいセンス良くて、グループができたばっかりでここまでできるのか、ていうのと、もっとやってやる、みたいな気迫?が衝撃的でした。楽器ができる強みもあるし、そんでER2?とかめちゃくちゃにかっこよくて、純粋にいいもん見たなあって思いました。他の人が言っててなるほどな、と思ったのが、パフォーマンスのバリエーションがどのくらいあるのか、ですかね、バンドだと縛りも多いし、本人たちのキャラクター的にキラキラした曲、バラードとか歌ったらどんな感じなんだろうなあと。クリエとか、ああいう1公演まるごとらぶとぅんさんが作るライブを見てみたい。こないだのは途中まで4人だったし。でも絶対センスいいと思う。確信。

最後の最後にリアデラ持ってきたのが最高だな!て思いましたね!さすが歴長いだけあるな!ていう選曲!最後の最後だからカッコイイし、盛り上がるし!ここでテンションめちゃくちゃ上がるんですよね!めっちゃ声出して騒げて楽しかったです!それに尽きる!

アンコール含めどの曲がどうとか、あんまり覚えてない割に長々と語ってすみません、1公演しか入ってないのでだいぶ記憶が曖昧でした、できることならもう一度見たいくらい、とっても素敵なライブでした。お疲れ様でした。

 

【永瀬廉SixTONESTravisJapan】(24日夜、25日昼)

れんれん推しのわたしにとって大本命のストトラ公演、他2公演に比べて完全にれんれんロックオン状態であんまり周りを見渡せてなくて、何を書けばいいか、さっぱり…笑

あまりに聞いたことのない曲ばかりで大混乱してしまいまして。トラジャが得意な明るい雰囲気だったりかわいい雰囲気の曲と、ストが好きそうな夜っぽい()曲とを半々ずつ、これぞサマステっていう感じのセトリ。

アンダルシア自体は良かったんですけど、本編のラストらへんに持ってくるにしては盛り上がりに欠けるというか、端的にいうとリアデラの勝ち!て感じでした。アンダルシアは声出せないですからね…( ˘ω˘ )

トラジャはかっこいい曲もやるけど、月の幻とかね、すごい良かったですよね、ああいうのさすがに少クラではやらないから、それが見られたのは貴重だったのかなあと。

れんソロのオーサマーキング、あ~~~声が良い!ほんっとにうちの子は声がいい!て心の中で褒めまくってました。声がかわいいんだな~これが。カイちゃんと違って「ラブで」で♡を片手で1回作るところ、やっぱ三者三様でかわいい。あの噛み噛みれんちゃんがラップ歌ってる~~!って地味に感動しました。顔が天才的にかわいい。尊い。

Think u x.はキング公演で後から追加した腰振りを他担だらけの雰囲気にのまれてやらなくてずっこけそうになったんですけど、顔が天才的にかっこいいから文句なし。にやっと笑うのがめちゃくちゃに良い。

指輪は、あ~そのシャツはズボンにしまってくれ…って思いながら眺めてました。曲に興味がないのであまり記憶がない。ダンスがな~あと一歩。

ネクステはあの指折り数える振り付けがたまらなかったです…!重岡くんみたいにドセン張るれんれん、震えるほどかっこよかった。こういうのを見ると、やはりれんれんのルーツは関西にあるなあと思う。ほかのジュニアちゃんたちとダンスの質が違うのは育ちの違いによる気がする。

MCがとにかく頑張ってて、仲良くない先輩も含め他ユニの15人相手によく絡めたなあと。パフォーマンスが終わったらちゃんと拍手して、良いところをほめるれんれんが優しいしきちんとしてる人だなあと嬉しくなりました。見て!さぶイボ!と腕を見せてきたときは、いやいや大体の人は見えないから…( ◜◡◝ )とほっこりしてしまったり笑

スクールデイズがめちゃくちゃにかわいくて、最後のバク転「しーません!」のところはもちろんなんですけど「My Angel!」のところがやたら好きで、2回しか見られないのにがっかりしました。また見たい~~!!!

「ただ前へ」はらぶすの公演でいう「オモイダマ」的な位置の曲だったんですが、しんちゃんをどついたりみやっちとジェさんと3人でくっついてたり、覚えきれなくて、それよりも歌詞がエモくてすごかった()

 

ストは、

最初のBE CRAZY、24日夜はバルコの真下にいたので25日昼しか見られてないんですが、歌が雑すぎてこれがストか…!とビビるわたし。じゅったんはずっとファンサしてるしな…。

ドロストは初めて生で見たんですけど、声出すの超楽しくて踊り狂ってました、多方面にごめんなさい。高地くんHBBまじでがんばれっ!中丸さんも家とか楽屋でうるさいと言われながらも諦めずブンツク練習してたしどのライブでも披露してきたし、ただひたすら練習あるのみって感じですよね。全員に見せ場があるんですかね?せっかく盛り上がってるのにタイガさんの高音フェイクのところがあるとスンッ…てなっちゃってた気がするので初っ端とかがいいのかなあって。(お節介)

DモもPeakも本家厨なので割愛。

パフォーマンスは、公演前半に入ってないのであまり良くわからないんですが、高地くん以外全員成功したときと、失敗しまくりだったとき、両方見られて逆に良かったです。ダブルダッチもバスケも、成功不成功がはっきり分かるのがストらしくていいなあと思いました。公演後半で新技を入れてきたところがめちゃくちゃカッコイイ。トラジャがダンス中心のパフォーマンスだし、そしてスト担は声が大きいし、どっちも甲乙つけがたいパフォーマンスだと、観客票の関係でストが勝ちやすいなあと思っていましたが、ストが成功したり失敗したりでハイハイちゃんが投票しやすくなってて、だから結局勝敗は半々の結果になったのがとってもうまくできてる!と。笑 

たまにスト担さんがストのパフォーマンスを見て「ストはもうデビューしたわ~」みたいなことをおっしゃってるのを見かけるんですが、「この星のHIKARI」を見たときは納得しました。みんなちょっとふざけてるんですけど独特の緩いこなれた感じ。個人的にはやっぱストはロック色が強い曲もいいけどおしゃれな曲が似合う!カツンの古いカッコイイ曲が好みなのは重々承知してるんですけど、(古い曲じゃないとラップがないし…)4人になってからの曲とか案外ハマると思うんですよね~。

最近カツン担でほっくんが気になってる人をやたら見かけるので楽しみにしてたんですけど、なんか、一人異質!ほっくん、めちゃくちゃに麗しくて震えました。顔の角度とか、付け足すフリが絶妙に色っぽくて、それが麗しさをさらに増やすというか。月の幻もRockin'Partyもこの星のHIKARIもドロストもずっとほっくんに釘づけタイムが多かったです笑 あとMCの切り込み方めっちゃおもしろくて、あ、変な人だ…と思いました。笑 
ジェさんは高音めっちゃ好きでした。宮近くんと3人でくっついてるときのサイズ感、最高。
京本さんは黒縁のフレームの細いメガネをかけてきたり、最初は違ったのに途中でポンパにして出てきたり、ファンのこと分かってるなあ、と尊敬しました。反応めっちゃすごかった。あと意外とぐいぐいおしゃべりするタイプなんですね、知りませんでした。
しんちゃんはれんれんに構ってくれてありがと~!って何回も心の中で叫びました。いい子だな~って思う。あと首から下がなんとなくしょおくんぽい、ダイナミックな体の動きでかっこよかった。前宙ダンク、やばかったな…超モテそう() 
髙地さんは24日昼のダンクで一人だけ失敗しちゃってMCで泣いちゃったのが本当にびっくりで。実は最年長なんですね。HBB、やるならがんばれ。
じゅりは…ほんっと申し訳ないことに聖を重ねてしまうんですね、MCのマイクの構え方とか、ちょっと似てません…?気のせいですかね。でもGoing!のラップが久しぶりに聴けて嬉しかった。全力で声出しました。一生聴けないかもしれないから笑 

太陽の当たる場所、せっかく見れたんですけど、ほんっと申し訳ないことに、しめちゃんと宮近くんに挟まれてしゃべったり突然歌うマネしたりノッたりしてるれんれんがかわいすぎて愛おしさ大爆発でずっとロックオンしてたので見てません何も言えません()

トラジャは、

これ沼だ…!ってすぐ思いました。沼が多すぎるし絶対深いって分かってるし…。この話長いです。

のえるくんアクロバットの人だよね~と思ってたら声めっちゃかわいくてギャップ?!?!って大混乱起こしました。ストイックなところも素敵。
閑也くんは、ダンスの緩急がやたら好きでした。ぬるっとしてません?気のせい? 
梶山くんはれんれんと同い年でしたっけ、エネルギーに満ちてる感じ?体力有り余ってる感?ていうイメージでした(雑)
仲田さんはVanillaで一人すんごい人いるなあと思ったら、仲田さんでした…超かっこいい…腰の使い方?ですかね?たまらん…てずっと思ってました。24日夜は不在の曲が多かったみたいで、あまりきちんと見られてません、残念です…
なかいと(笑)は顔が小さい、すんごい背高く見えた、ダンスの魅せ方分かってる~!てめっちゃ興奮してました()やたら肌を見せてくれる。
みやっち(笑)はこのサマステでめっちゃ好きになりました。超いい子!あんなダンスめっちゃ踊りながらめっちゃ煽ってくれて、ほんとできる子~!ありがとう~!ってなりました。MCもすごい!ストトラ公演のMCがストの話に偏らなかったのは一重にみやっちのおかげだなあと。ストがしつこく身内ネタしゃべってても諦めず口挟むんですよ、そんで、メンバーのことをめっちゃ良く見てて、振り方が上手!あとしゃべり方がかわいい!よくレイ役ができたな?!てレベルでふにゃふにゃしゃべるのめっちゃかわいかった。当たり前ですがダンスが上手で、アンダルシアはさすがでした。もちろんトラジャ全員ですね、振りの入り方が違う。れんれんの延長線上にみやっちがいるので自然と視界に入ってくるんですけど、とにかくお手本みたいにキレイに踊るんですね…すっごい素敵でした、アンダルシア。いいものを見せていただいた気分。
みゅさんは手足が長すぎて、上手に踊ろうと思ったらこうなるのはしょうがないなってくらいの目立つダンスでした。れんと恋人つなぎ()してしまいにはれんが手の甲にチューしたときは頭が爆発するかと…スクリーンのおかげで初めてあんなまじまじとお顔を見たんですけど、やっぱ絶妙に女装してほしい顔をなさってて、チキバ選抜…!てドキドキしました。キレイ。
あらんちゃんはVanillaの「悪い君が…欲しいよ(低音)」で子宮がやられました。あと月の幻。MCで端っこなのであんまりしゃべってるところが見られなかったのは残念でした。れんれんと仲良くしてくれてありがとう~~~!2部の最初はオールバックで、まあそれもめちゃくちゃにかっこいいんですけど、途中で前髪リターンしてて大正解!てなりました。前髪担。
あとしめちゃん、トラジャで一番顔が好きなんですけど、意外と活発だしおもしろいこともできるしそれ以上にド天然がヤバくて本当に天使なのか妖精なのか教えてほしい…顔はとっても可憐なのに動いたらカッコイイってどういうギャップ…月の幻やばい。最初のしめじゅりもやばいんですけど、そのあと一人踊るところで泣きそうになりました。は~可憐!きらっきら!

トラジャさんたちのダンスが上手な人ならではのこなれた、でも手を抜かないダンスの仕方が本当にかっこよくて、これはたくさんの経験により培われたものなのだなあと惚れ惚れしました。経験値の差。魅力自体が動いてなんぼの人たちなので無粋かもしれませんが、もっと踊らず歌うことに集中した曲とかがあると緩急があるのかなと思ったり。得意じゃないんですかね?あんまり詳しくないので分かりませんが…。

アンコールのシェルターはもちろんかっこよかったんですけど、階段に腰かけた京本さんの膝に挟まれたれんれんが死ぬほどかわいかったのでこれもまたぜーんぜん見れてません本当にごめんなさい。

れんちゃんすととらハイハイちゃんみーんなお疲れ様でした!

最初は不安だったのに練習や公演を通して出演者同士仲良くなれて、この公演が終わることを惜しむれんれんが死ぬほど愛おしくて、今悲しいです…

明日からサマステ最後の3日間、楽しんでね!3人がこの夏得たものを持ち寄って素敵な公演になりますように!れんちゃん、怒涛の連勤だけどケガと体調には気を付けて!

 

長くなりましたが!おしまい!中身がなくてごめんなさい!

 (追記:きんぐ公演の感想も書きました。読む読まないは自己責任で。)

tr10040123.hatenablog.com

 

tr10040123.hatenablog.com

 (編集上はきんぐ公演後半に参戦した感想の記事を貼り付けていることになっているのですが、なぜか上と同じ記事になってしまっていました…)

 

 

初めてきんぐのライブに参戦した感想。(書き直しました)

(追記:ひらぷり公演、らぶすの公演に行って、あとKAT-TUNのジュニア時代のライブDVDを見返して色々思うところがあったので、特に後半、大幅に書き直しました。)

 

サマステジャニーズキング無事開幕おめでとうございます!♡

正確にいうとHiHi Jets、ClassmateJの方々も出演されていたのできんぐちゃんのライブというわけではないんだけれども、

Mr.KING公演、前半の参戦が一段落したのでぼちぼち感想を。

参戦したのは7/20 1&2部、7/23 2部です。

 1つもメモを取らずに記憶と他人のレポを頼りに感想を書いてるので、間違ってる箇所がある可能性大です、ツイッターのレポとは違う事が書いてあった場合、そちらが合ってると思います!当てにしないでください!(言い切る)

 

公演時間は1時間40~50分。きんぐちゃんもおたくもみーんなお疲れ様でした。

 

1曲1曲感想書いたのちに、全体の感想?不満?も一応書きました。

  そこはかとなく長いです…。あとかわいいしか言ってません。

(注:レポじゃありません)

 

【本編】

幕が開く前の挨拶、姿の見えないきんぐちゃんたちの声が響くEXシアター、れんがしゃべってるときは照明の色が赤になってて、照明とミラーボールで各メンカラに染まる会場にじーんと来た。

ハイクラちゃんが横一列で登場するんだけど、初日1部は目の前、割と近いところにコンピーがいてめっかわにもほどがある。(コンピー推し)

 

・OH!サマーKING

 初めて聴いたときは全然好きじゃなかったのにいつからかしっかりペンラもって振り付けをマネしてしまうまでに…これだからスルメ曲は…!

「手ぐしでスタイリング」についてはもう永瀬担がみんな触れてると思うから一旦置いておく。わたし、なぜか「夏のど真ん中」のフリが好きです。

「夢を散りばめて」らへんかな?きんぐちゃんが縦1列になって、そのあとれんがハートつくるために下手側に1歩移動するんだけど、カイちゃんの動きを避けるような体のひねり方するのやたら好き。れんカイの♡の振り付けはちゃんと手がきっちりかみ合うの難しそうでカワイイ。

早々にイヤモニが耳から外れちゃって、全然着け直せなくて、ダンスに合わせてすんごいぶらんぶらんしてて超邪魔そうで、しまいにはイヤモニがすこーん、て額に当たってたときにはかわいそかわいいの塊だった。

 最後の最後、初日2部で膝立ててしゃがむれんカイシンメのとき、伸ばした方の足の足首がカイちゃんの足に乗っちゃったれんれんが、ほんとに(∂ω∂)ん?て顔して足首の方を振り返ったの、パフォーマンス的にはだめだけど、究極にかわいかったからもうなんでもいい。

 

・サマーステーション(Mr.King vs Mr.Prince)

ここで「れーん!」「海人!」「しょーお!」「キング!」コール。これやるの夢だったから地味に嬉しい。

きんぐちゃんたちはあんまりフリやらなくて、ハイクラちゃんたちがやってるのちょおかわいい。

ここでバルコニーへ移動。カイちゃんのファンサがやばい。

 

King&Queen&Joker(Sexy Zone)

サビ終わりの「King&Queen&Joker」の「Joker」パートの永瀬さん鬼カッコイイ…ちょっと声低めに歌うの控えめに言ってヤバイ

 

◎Jokerコーナー

ローラー履いたハイクラちゃんに合わせてれんれんが指揮棒を振り回すっていうだけのあの数分間、本当にちょっと意味が分からなくて困る。あの時間、必要ですかね…。

その次のしょおくんのやつ、トーチトワリングというらしいね?ジャニワでやるんだそうで、それを知るまではずっと、これはいったいなにを…?という気持ちだったから!笑

そしてそして!お待ちかね!海人の本気のダンス!!!!!!!

バァァリかっこよすぎてこっちも毎度本気出して死ぬ気で目に焼き付けてる。ジャニワのmilky wayですごいとは知っていたけど、ずっとカイちゃんの得意なジャンルでの今の本気を本当に見たくて。やっぱこういう、自分の好きなことや得意なパフォーマンスを見せられるのがライブのいいところだよね。最初は一人、あとからジュニアちゃんも一緒に踊るけど、別格とはこういうことだよなあとしみじみ納得。Mr.KINGの最終兵器、だよねえ。

はてさて、そして永瀬さんのドラムですよッ!上手になったね~~~~~!!!!

去年のサマパラの映像を見ましたけれども、ただ叩いてるだけというか、演奏はしてなかったのが、一年経って、演奏してる~~~!って思った!わたしドラムできないから詳しいことは何もわからないけれど!歌うでもなく本気でドラムに徹してるのもすごく良かった。でも下手からはサッシンが邪魔で顔見えづらくてしょんぼり…。

ありがたいことにモニターに雷がバリバリなってる映像が映されてて、れんれんが雷を背負ってる~~~!!!ってずっとときめいてた。ちなみに、雷はいかずちと読む、そんな気分です。

 

BAD BOYS(Sexy Zone)

しょおカイを見たい気持ちはたくさんあるのにそれを上回ってひたすらドラムをたたく永瀬さんを見続けるわたし()、永瀬さんがかっこよすぎてしんどい。

 

・完全マイウェイ(Sexy Zone)

3人とも両バルコニー端まで来てくれる。すっげえファンサする。わたしカツン育ちだからこんな風にファンサしまくるファンサ曲みたいなの初めて出会って、うーん、そのための1曲なんかより、ちゃんとパフォーマンス用の曲増やせばいいのに…て思っちゃう。でもバルコニーから見下ろすれんれんが言葉通り高みの見物感出しててまあかっこいいからなんでもいいよね。

23日2部はれんれんがバルコニーにいるのに幕が通路をふさいじゃって、ステージに戻るのに幕をかきわけかきわけ、とっても大変そうで不憫でかわいいれんれんが見られた。ごめんね、笑っちゃって。

 

・アメフリ→レインボウ(B.A.D):平野&永瀬

勢いよくバサッと幕が降りてきてステージが一気に二人の世界になるのがとても良い切り替わりだなあと思った。他のコンビ曲やソロは曲振りがあるから身構えられるけど、この曲はなかった気がする(多分)。初日1部の、しょおれん…!ていうどよめき(私含め)は印象的だった。しょおれんが歌うまでこの曲のことは知らなかったけれど、素敵な曲ですね。本家を聴くとしょおれんのを忘れてしまいそうな気がして、まだ聴けずにいる。テレビで披露してくれればいいなあ。

指で宙にハートを描くフリがとってもかわいい。れんれんの指の動きは総じて指先までとっても可憐なんだよね。本当に飽きない。

ファンサなのかわかんないけど両手でハートを作るのもよかった。

23日2部はここでも幕が後ろからすごい勢いで膨らむから一旦姿が見えなくなるくらい二人とも幕につつまれちゃって、れんれんもちょっと笑っちゃってたけど、バックで踊るはずのハイクラちゃんたちが一生懸命抑えてくれてて、しょおもれんもスパッと切り替えて真面目に歌ってて、それがとてもよかった。まあ当然か。

しょおれんのいい距離感と声の混ざり方が尊くて、よくもまあ世間に見つからないものよ、と思った。早く見つかれ。というかBrother歌ってくれ。(真顔)

 

・花に想いを(テゴマス):髙橋海人ソロ

エンタミクスかなんかで言ってた通り、カイちゃんのソロはこの曲でしたね!

すんごいカワイイ曲で、花束から紙ふぶきが噴射する演出、カイちゃんがご機嫌で振り回してるのとても良いよ~~(っTωT)ノそのあとカイちゃんが紙ふぶきとともに大量のガス噴射を顔面で浴びるんだけど、富士額がお目見えしてはいカワイイ~~!!!

そのうしろで、両手でかいちゃんをヒラヒラしてるコンピーもかわいいよ。

コンピー、やる気ないとかダンスがふわふわしてるって意見も見るけど、多分カイちゃんのソロ曲で、コンピーは振り付けの中でちゃんと足まで振り付けやってるの!ほかの子でやってる子、少なくともコンピーの近くにはいないから~!ていうところがあった!(まあちょいちょい、今のフリちゃんと入ってるのかな…て思うときはある。わかってる。うん。)

水鉄砲の演出があったんだけど、おたくが嫌そうにしてたからなくなったらしいって聞いてがっかりしました。あれ…?我が軍のときは結構みんな楽しそうだったしわたしも水かかりたかったし、なんなら自担なんてファン一人に集中砲火でびっしょびしょにする遊びずっとやってましたけど()()

 

・情熱の色

少クラでもやってた曲前のバトンパフォーマンスのところのれんちゃんかっこよくて溜息しか出ない…バトンの端っこを持ってたのに両手を使ってバトンの真ん中に手を持ち替える仕草が大好きです。パフォーマンスの中での動き方というか。ローラーがないとさみしいっちゃさみしいけど、この曲はMステの印象が強すぎて。

 

・Explosion(関ジャニ∞)

赤い照明最高…!後半白いライトが会場をぐるんぐるん巡るのとてもかっこいいね!この曲のときのしょおくんは軽率に本気だなあとほれぼれしてしまう。しょおくんの、こう、ダイナミック?な動きするダンスがたまらなく好きでして。しょおくんの本気ってわかりやすくほれぼれするほどかっこいいなあとしみじみ思いました。(小学生かよ。)情熱の色からの流れもとっても素敵でした。

 

・Hair(Kis-My-Ft2):HiHi Jets&Classmate J

みずきー!!!!!おれのみずき!!!!!

はあもうほんとみずきは大きくなったね( ;  ; )というかこのハイクラ界隈でみずきの存在感とか、オーラ、醸し出す雰囲気、佇まいが圧倒的に別格で、どこにいてもみずきを探さずとも見つけてしまうというか、高1にしてもう陰を背負った艶のある洗練されたきらめき(尚目は死んでいる)をお持ちで、この先どうなっていくんだと恐れさえ感じる。しゃべればとってもかわいいのにね…!ギャップかよ!ババアは胸が苦しいわ!

最初はハイハイ4人だけ、あとからJets、そしてクラJちゃんたち(多分。この辺適当。)とどんどん人が増えてくパフォーマンスが鬼カッコイイ。これ考えた人に金一封差し上げたいから名乗り出てほしい。大好き。

まあみずきはどこでも最高なんですけれどもそれ以外だと、五十嵐玲央くんのダンスがわたしはとても好きでした。佐々木大光くんは、カイちゃんに憧れてる子だよね。元々ダンスやってただけあってやっぱり上手だし華がありました。雑誌よりも全然かっこよくて、実はこの子は動いてなんぼの子なんだなあと印象的でした。れんれんと同じ。笑

あとは、大躍進の髙橋優斗くんだけど、「腰に手を回して」があんまり上手じゃなくて。(ちなみにここ、一番好きなのはみずきだけど、羽場ちゃんのも結構好き。)なのに腰回りが細いからか、「導いてあげるよ」のフリがやたらえろくてかっこいいと思ったので、これから入る人でHairの間ひまな人は見てみてください!!!!!

 

Queenコーナー

カイ子としょお子とれん子の三姉妹って設定でまずめっちゃカワイイ。三姉妹って!普段から自分たちのこと三兄弟みたいだと思ってるんでしょ、ババア泣ける。

初日初公演はカイちゃんもヅラかぶってなくて、みんな設定がふわふわしててグダッてる感がおもしろかったけど、23日に見たときはれん子のキレキャラとか、しょお子の力持ちキャラとか、すごい上手になってておもしろかったw

れん子、めちゃくちゃ気に入ってるよね笑 つい「なによ~」って言っちゃう、て話もしてたけど。

しょお子さん、いつにも増してすんごいしゃべり方がおっとりしてソフトでちょっと声が高めで、しょおくんなりにしょお子さんになってるんだなあってすんごいときめく。「よろしくね♡」って自己紹介されたときは、ときめきで頭を殴られた気分だった。

ハイクラちゃんたちが無茶振りされちゃうんだけど、23日2部のみずきはカッコイイセリフだったかな、言いながら照れちゃって、もうおばちゃんはカワイイの洪水で溺れました。フィガリさんのことはあんまり好きじゃないので割愛!() きんぐちゃんたちがかわいがってるのはわかるよ笑

 

・私のオキテ(Sexy Zone)

この曲、大好きなのでめっちゃ嬉しいんですけど、三姉妹のままだし全力おふざけタイムだしでとっちらかってて愛おしいことこのうえない。わたしが入ってない公演に限ってかわいいことしてるってレポみて涙出そうだったわ…。

いつだったか、ドレスの背中部分のパチンって留める金具をれんれんがいっつも背中に力入れてはずしちゃうのをバックの子たちが総出で付け直すっていう件を繰り返しててかわいかったな~。

3,2,1,レッツゴー!って突然全力でふざけ始めるしょおくん、それに乗っかるカイちゃん、乗っかろうと思ったらしょおくんがおふざけをやめるっていうおふざけになって乗り切れないれんちゃん、まるっとかわいい。

初日はそんなことなかったのに、いつの間にかマイクもってでっかい声で「れん子さ~~~~ん!」って髙橋優斗さん、おもしろいね笑

 

・愛は味方さ

ユウピーの曲振り、23日に聞いたときは初日よりは聞き取りやすくなってるけどそもそも言ってることがよくわからないので次までになんとかしてください!

ちょっと前のオリ曲はれんれんがセンターだからか、なんか、見てるとうるうる来そうになる。

「夢を 見よう~」のところ、右目に人差し指を当ててれんがしょおカイの方をそれぞれ見て、顔を向き合わせるところ、(伝われ)頭爆発しそうなくらいかわいかった。

 

・Happy Happy Lucky You!

バルコニーにファンサしに来るよ~~~~

この曲も愛は味方さも、ペンラ振り回して振り付けマネできるから楽しい。

 

MC

れんれんってこんなにおっとりしゃべる子なんだな~って。

何に対してもちゃんと相槌打ってて、返してあげて、話振ってあげて、聖母み極めてた。かわいい。

しょおくんが結構会話でとっちらかってて、ほんっとに不思議な思考回路の人だなあと改めて。会話の流れで察するとかがないんだよね、基本的に一問一答、仕切り直し。それに対して「もう!」とか「わかるやん!」とか怒ってるれんちゃんちょおかわいかったからなんでもいいよ~~!

カイちゃんに対しても強気なれんちゃんがとてもよいお兄ちゃんでカイちゃんありがとう~~~!お兄ちゃんぶるれんれん見せてくれてありがとう~~!

テレ朝夏祭りのパンフ取りに行ったり写真集のポスター取りに行ったり、働き者のれんちゃんとってもできる子でババア嬉しかったよ…。

しょおカイがちっちゃいタンブラーなのにれんれんは水の入ったちっちゃいペットボトルでいちいちキャップ開けづらそうだったり閉めづらそうだったり、ほんと謎だった。しまいにはキャップの開いたペットボトル倒してみなとくんに床拭かせるし。「ごめんね~」はかわいいけど全然手伝わないから笑う。

 

ウィークエンダー(Hey!Say!JUMP)

むかーしむかし、少クラで突然披露したっきりのウィークエンダーが帰ってきた~~~(っTωT)ノ野外ライブでも歌ってたからセトリに入るんだろうっておたくの間で噂になってたけどやっぱりそーでしたね(っTωT)ノむかしのまんま、少クラオリジナル振り付けでもう何回も見たからわたしも踊れるよ~~~(っTωT)ノペンラ振り回してるババアがいたらわたしです~~~(っTωT)ノ♡()

「土曜日の夜は~」のれんれんの尊さを思い出してババア感涙。

せっかくなので少クラのウィークエンダーを見直してたらショタみずきが映ってますます感涙。おおきくなったね…( ;  ; )

れんの尊いスウィートアンサーが見たくて生きてる感、ある。

 

・まいったネ今夜(少年隊):HiHi Jets&ClassmateJ

このときのみずきソロらへんちょっと不思議というか、何が正解なのか。アスクルにでもありそうなキャスターつきのイスでローラーのパフォーマンスをするハイハイちゃんたちが失敗しないよう見守る仕事。

この曲おしゃれだから好き~~♡

 

・Hi Hi Jet:HiHi Jets&ClassmateJ

みなさんご存じ、聴いてるだけでどきどきわくわくしてくる曲。

わたしはMステバージョンが好きです。Mステ大好き。イントロ聴くだけでテンション爆アゲで自分がこわい。

 

・Think u x.(藤ヶ谷太輔):永瀬廉ソロ

はいキター!!!!!!ハイパーカッコイイれんれんソロ!

腰振りまくって回しまくって突き上げまくる超超超かっこいい曲。
本家がビッ〇ぽい演出だけれども、れんれんがあくまでもオスに徹してるのがとても好き。

初日も全然かっこよかったけど、そのあとれんれん一人で腰を突き上げるパフォを足すし、23日なんておたくの熱視線を浴びまくってどんだけオーラ増やすの…ってくらい表情の奥行きがすごくかっこよくて、見ながらひっくり返るかと思ったよね。

まずクラJちゃんの後ろに隠れて椅子に座って登場する永瀬さんが鬼かっこいい。
最後イスに足かけて歌い上げる永瀬さんの横顔がほんっとにキレイで、うーん、成長ってすごい。
バックの子たちに体撫でまわされるところとかね、いやー、あれ10年後もう一回映像で見たい!笑

ちょっと前のドル誌での匂わせた感じとか、このパフォーマンスとか、ああ彼女いるんだなあってわかるし笑、それよりもお願いだからイイ女と付き合えよ…って思っちゃったよね。ババアだから。

衣装が黒革ジャン(誰の衣装だろう。左胸にAって入ってて、背中にピンクの星背負っててちょっと笑う)なのもいい。トップスは白シャツ、ジーンズはMステでも着てた自前のやつ。

 

・ブリュレ(関ジャニ∞):平野&髙橋

しょおカイがダンスバトル~~~!最高!

いつもアレンジしまくってるカイちゃんがここぞとばかりに割と振りを寄せに来てて、大正解!ほんっとーに見応えがある。

しょおカイが二人でやる曲なら、やっぱこうでないと。需要が満たされてとっても満足、その一言です(泣)

 

・サマーメドレー

 SUMMER TIME(NEWS)
れんれんがペンラパフォ、というかなんというか、「せーの!」で色変えたり、ウェーブしたり、左右に振ったり回したり、楽しい。楽しいけど、やらない人も多いし、去年のキンブレに光量が負けてて、れんれんが「めっちゃきれい~」て言ってくれるけど、指定席から見てた限りだとまあ全然きれいじゃないよね。ペンラ持ってるならやれよ!(怒)

 Over Drive(TOKIO)
しょおくん羽場ちゃん猪狩くんでなにやらわけのわからんコント的なのをやってるけど、ほんとに訳が分からないし面白くないからずっとれんちゃん見てる。れんれんカワイイ。()

 Summer Splash!(嵐)
カイちゃんに合わせてオーイエー!(適当)ってかけ声するところがたくさんあって楽しい!あと日によって違うけどしょおれんが「Yo!Yo!」って後ろでノッてるのもかわいい!最初から最後までずっと「タカラップゥ!」て合いの手入れるれんれんもかわいい! 

この曲かな、しょおれんが階段に座って、若干手の振り付けがあるんですけれども、初日は忘れててカイちゃん眺めてて、橋本涼くんにポンッって肩叩かれて慌ててやってたり、「タカラップゥ!」に気合い入れすぎて23日も出遅れてたし、でもこのときのカイちゃんを眺めるれんれんの目つきが本当に優しくていい双子のお兄ちゃんだなあと。

 

(・ローラースケートコーナー)

この曲の前にローラースケートを履くれんれんの靴下が見られるんですが、履き方はかわいいけど靴下がダサめで(ださくない靴下とは)ダッサ!って笑うとこ。

少クラのエビバディゴーで小鹿みたいだったれんれんが左足を軸にしてスイーッとカーブ曲がれるようになってて、そうだよね、練習頑張ったもんね、ってババアは泣きそうになります。

 

・千年のLove Song(Kis-My-Ft2):ClassmateJ

コンピーは青い色の衣装です!見てください!かわいいよ!

 

チラリズム(NEWS/コヤシゲ):永瀬&髙橋

来た!双子!双子のれんカイ!かわいい!

去年のサマパラでケンティもこの曲をおたくルックでやってて、絶妙にピッチピチの衣装でおいしそうな体だなあとかよくわからんことを考えてしまったんだけれども、初日はおそろい衣装で完璧に踊るカイちゃんとそれを見よう見まねでふわふわ踊るれんちゃんの双子の図がかわいくてかわいくて、ごろんごろん転げまわりたかった()

指で〇作って右目に当てて、ってところ(伝われ)お互いを見るとき、本当に天国かと思ったよね。何回でもいうけど、ほんっとにかわいい。

後半、二人が腕組んでからはもう、双子みが加速して、誰か!誰かビデオカメラ回して!みたいな気分になる。お遊戯会見てるみたいで。

カイがれんの顔のぞきこむからもうかわいくてしょうがないんだけど、実は変顔してたらしくて、え、もうかわいさで地球を割りそう。わたしが。

でもれんちゃんは股間にしっかり手を当てるのほんとやめて!見ちゃうから!逆に見てほしいの?!なんなの?!()()()

 

・rouge(菊池風磨):平野紫耀ソロ

やっぱしょおくんはこういう曲が好きなんですねえ。

最初のアカペラがとってもかっこよかったんですけど、4日目からやらなくなってしまったと知りとても残念。

あと、衣装が次の曲以降に合わせて簡素なのも残念。

更にいうと、そろそろブラホワみたいなソロが見たかった。

最近のしょおくんは、ジャニワの演歌枠とか大人から聴かせる歌で評価されているからか近くにカイちゃんっていう存在がいるからか、はたまたほかに理由があるのか分からないけれど、ブラホワみたいな曲よりもバラードとかそっちに比重を置いてるのかなあ。しょおくんのパフォーマンスにおけるプライドってなんだろうなあ。あまり多くを語らないタイプだし、わたしがしょおくんのことを追えてないから単純に見逃してるだけかもしれないけれど、ローラーとかバトンとか、新しいことに挑戦させたせいで、しょおくんが原点のダンスに興味をなくしてしまっているような気がして、とても惜しいなあと思う。本気で踊る曲としてブリュレを用意してるから、今回の公演ではそっち方面に攻めないことにしただけだったらいいんだけど。公演後半のソロ曲に期待。

 

・OH!サマーKING

廉のセリフ、あと海人のファイヤー!があるけれども、23日はファイヤー!を聞き逃しました…

 

Bounce To Night(Mr.KING vs Mr.Prince)

最初の横一列、廉がポケットに手を入れてるときがあって、まあ、クソチャラいんですけど、めっちゃかっこいい…わたし、れんくんの言いなりババア…

腰突き上げてるとき、わたしスタンディングのときはぎゃあぎゃあ言っちゃったんですけれども、実はみんな結構、え…ってなってたとか笑 様式美!C&R!腰を振ったらキャーという!これ大事!(大切なことはカツンが教えてくれた)

神宮寺さんが去年言ってくれてた「Are you ready?Say!」かな?あそこは紫耀くんが「Everybody Say!」?かな?と言ってる気がします

あと、この曲でステージが動くというか前に出てくるのもなかなか感動しました!こんなことしてもらえるんだなあって(泣)友達に聞いたところによると去年よりセット自体も豪華なんだそうで。いやはや嬉しい。

 

◎Kingコーナー

 ・街角DEEP BLUE
派手な衣装をサッと羽織って、100均で作れそうなデザインのスタンドマイクにならないマイクスタンド(ステッキみたいな長さ)を持つきんぐちゃん。
マイクをマイクスタンドに差したままで歌ってるところを見たのは初日1部が最初で最後かもしれない()

   ・サンキュー:HiHi Jets&ClassmateJ
(なぜか全く覚えていません)(ほんとに歌った?)()

 

・GO(サマステのテーマソング)

イマイチぴんとこない曲。紫耀は下手、廉は上手のバルコニーから登場。

7/23 2部。モニターに曲名と歌詞が出るようになってる!紫耀くんがみずきのほっぺたを片手でむぎゅっと潰してて、みずき、カワイイ・・・・(多分この曲。)

このときボールを投げてたかな。れんちゃんの期待を裏切らないヘボ率高くて笑う。

 

・THE DREAM BOYS 

この曲のイントロが流れると涙腺が刺激されるババア。

いつかやるであろう1stライブでも本編ラストを飾ってほしい。

廉がセンターの曲も今となっては珍しいけれど、昔のままの立ち位置で、大サビの海人センター、そのまわりをしょおれん、の図もなぜかやたらグッと来てしまう…

 

【アンコール】OH!サマーKING

誰も声を上げずにさっさと始まるアンコール。声出しづらいねえ。なんでだろう。

噂の羽織り着てる~~~~!想像よりもぺらっぺらで、透けてて、でも袖までスパンコールも刺繍も盛りだくさんで、背中にメンバーカラーのストーンもついた王冠マークを背負ってて、

ダサいという人の気持ちも分かるけど、ただのアンコール1曲にこの羽織りを用意してもらえたのはすごいことなのでは…?と思うくらい豪華な衣装。ダサいのは羽織の中に着てる信号衣装のせいだと思うことにしている()
裾が足首くらいまである長めの衣装なので、階段を降りるとき裾が床に垂れて広がるのがとても王様らしくて好き。あと、ターンすると翻るのでめちゃくちゃ素敵。 

初日の挨拶がグダグダすぎて、おいおい…となったけど、4日目にはもうしっかり挨拶してて、おばちゃんはほっこりです。でも内容はたいしたことない笑

(ㅍ_ㅍ)俺たちが~!

(∂ω∂)(ㅍ_ㅍ)(*ΦωΦ)ミスター!

(∂ω∂)人(ㅍ_ㅍ)人(*ΦωΦ)(+おたく)\きーんぐ!/

の流れ最高でしたな…!

初日1部は、(ㅍ_ㅍ)がマイク持って「俺たちが~!」だったせいでれんちゃんがしょおくんとお手てつなげなくて、とっさにしょおくんの肩に手置いてて、そこは手つないであげてよ…!てババアは泣きそうだったんですけど、

2部は(∂ω∂)「俺たちが~!」になっててちゃんと3人手つなげてて、修正してる…!て泣きそうだったし、

23日は(ㅍ_ㅍ)「俺たちが~!」だったけどちゃんとれんれんと手つないだままマイク持ってて成長してる~~~!って泣きそうでした(完)

幕が閉まる前、よく少クラのEDでしょおくんがやる、両目を閉じてにこーっと笑うあの顔を4日目2部でもやってくれて、最後の最後にそれが見られてとても幸せに満ちたEDだったなあと。紫耀くんに廉が蹴ったり叩いたりちょっかい出してたからかもだけどかわいい。

 

(感想)

初めてきんぐちゃんのライブというものを見たんですけれども、そこにきんぐちゃんたちがいることへの戸惑いで精一杯でした笑

3人で盛り上げたり3人でおしゃべりしたり、アイコンタクト取ったり、目が足りない!れんれんはもちろんだけどしょおくんもカイちゃんもずっと見ていたいし、でも視界が狭い!広げたい!これどうにかならないかな()

少クラだとカメラに抜かれる以外の部分を見られないけれど、いついかなるときでもれんれんを目で追っていけるところががライブのいいところですよね、まあ楽しめました。

意外だったのは照明が結構凝ってくれてたところ!結構なめてたんですけれども、メンカラにしてくれたり激しめの曲のときはバシバシ変えてくれたり、すごい多種多様なライティングで、かっこよかった!照明とか会場の雰囲気とかをもっと眺められたらよかったんだけど、いかんせん、いつでもれんれんとの距離がまあ近いもんだから、目が離せませんね…

今まで見てきたライブとの落差が激しすぎてどこをどう褒めたらいいかよくわからないんだけれども、とりあえず言えるのは、顔面が最高。これに尽きる。()

 

不満はセトリと構成ですかね!

曲1つ1つのパフォーマンスはいいところばっかりなのになんでこうなるの!

全部きんぐちゃんが考えてるわけではないだろうことは理解していますが、そこに注視してしまうと話が進まないので、とりあえず、気になるところは全部上げていきます。

まず、KQJのあとにカイちゃんが「この公演はJokerコーナー、Queenコーナー、Kingコーナーの3つに分かれています」って言ってたんだけど、そうおっしゃるからにはそれぞれのコーナーで歌う曲はそれらしい曲を選んだらいいのになあと。

逆になんで3つのコーナー作っちゃったんだろう、その説明がない方が引っかからずに楽しめたんだけど…って多分ここ気にしてるのわたしくらいなんだろうな笑

先に選曲、後から3コーナーを位置づけたのだとしても、もうちょっとセトリの順番でなんとかなったんじゃないのかと思ってしまった。Jokerコーナーで完全マイウェイ、Queenコーナーでれんソロ、ブリュレってもうコーナーの意味を成してない。

2時間足らずのライブで衣装10着っていうのも、ちょっと多いかな、衣装替えの多さの割にはハイクラちゃんたちの曲を持ってくる場所もなんとかならなかったのかな、と思う。

主要メンバーであるきんぐちゃん自体がメンバー3人しかいないからある程度しょうがないにしても、誰かのソロ曲の前後に残り二人のコラボっていう順番に決めちゃうと、それだけでセトリの雰囲気がとっちらかっちゃうから…!それこそハイクラちゃんたちの曲を挟んでどうにかしてほしかったかなあ。あとは、もう諦めて3人連続ソロとか。

あと気になったのが、歌を歌わないパフォーマンス時間が長い。

最初の指揮棒~カイソロダンス、オキテコーナー、ローラーパフォ、何回もいうけど2時間弱しかないのに、ちょっと曲数少ない気がする。

まあ、ハイクラちゃんたちも出演者である以上、彼らの見せ場を作ってあげることは大事だし、きんぐちゃん3人が延々歌うのはきっと体力の問題でしんどいのかもしれないけれど、だとしたらハイクラちゃんたちの曲数を増やせばいいわけで、それこそ円滑に曲と曲をつなげたり、各コーナーの雰囲気を守れたりできたんじゃないかなと思うんだけど。

指揮棒タイムはいくられんれん推しのわたしでも本当に意味のない時間だなあ…と眺めてしまうわけで。あそこ本当にどうにかならないかな。そのあとドラム叩くわけだし、ちょっとならまだしも本当に尺長い。

他の公演に行ったあとでさらに思うのは、他の公演のコラボメドレーにあたるのが夏メドレーなんだろうなということは分かったけど、だとしたらペンラ芸、コント、あとなんだっけ、よりも、他の公演みたいにちゃんとパフォーマンスするべきではないかなーと思う。クラJちゃんは混じってないし。

一番意味が分からないのはOver Driveだけど。あそこ、誰か楽しみにしてる人いるのかなって思う。コントやるならやるで、もうちょっと中身なんとかしないと。

ローラーパフォーマンスの最後、ステージに何人か寝そべって、その上をハイハイちゃんがジャンプする(っていう体)の部分で、EXシアターという特性上、ステージに寝そべってやるパフォーマンスはスタンディングの大体の人からは全く見えないんだけど、そういうことにも気づいてないのがだいぶがっかりだった。

選曲についてはオリ曲が多い以上、残りの曲を工夫しないとこうもつまらないセトリになるんだなあと。きんぐちゃんたちのライブが実に1年ぶりにも関わらず、ほかのジュニアの公演でもやるような曲だったり、少クラでよく見かけるような曲だったり、意外性というか、練られてるなと感じる曲があんまりないと思う。Explosionだって、やってくれたのは嬉しかったけどしょおれんは過去に披露したことのある曲だし。

BAD BOY と完全マイウェイがなぜどの公演でも課題曲みたいに歌わされるのか、すごいおもしろいけど…笑

せっかくだったら少クラでやってみて反響のよかった曲とか、挑戦してみたらよかったのに。

あと、他のライブでうらやましかったのは、アンコール。アンコールらしいみんなで飛び跳ねてワイワイ歌ってられるような楽しい曲にしてほしかったなあと思う。weeeekも、summer上々!もほんっとに楽しかった。アンコールとはこうあるべきだと。

オーラスのWアンコはどっちも「サマー・ステーション」だったけれど、逆にオリ曲ってこういう使い方が正解だよなあ、と思った。オーサマーキングのあとのサマーステーション…ね…ぷりんすちゃんたちはやってないのにね…

わたしの個人的な好みの問題だと思うんですけど、ライブなんだからもっとおたくが声出して盛り上げられるような曲選びにするべきとも思いました。逆にいうと、メインが3人しかいない以上、きんぐちゃんたちが一生懸命煽る必要性のない曲ばっかり選んだのは戦略だとしたら…とかそういう深読みもしてしまいました。

緩急って知ってる?かっこいい曲の次にかわいい曲やればいいってもんじゃないし、一番納得いかないのはrougeのあとにオーサマーキングの2番挟んでBTNやる流れなんですけど、そこスマートにやろうよ?!?!誰だよ考えたやつ!()

 

セトリについては、一応まだ変えてくる可能性があるので、楽しみ、に、してます…笑

EXが彼らにとってちょうどいいのか、もはや狭いのか、それはまだちょっと分からないというか、それはオーラスを見て考えておきたいと思います。おたくの人数の問題というよりは、今のままだと、これ以上広い会場でおたくを楽しませることができるのかなって。まあそんなん本当はやってみないと分からないけれど。

 

でも、何にも代えがたいきんぐちゃんのすごいところは、もう顔面が強すぎること、あとトークがかわいいこと、ですよね!()
ジャニワの終盤に茶髪に染めて以降、れんれんのビジュの浮き沈みが激しいこと激しいこと、Mステだったり少クラだったり、どんな前髪なのかそわそわしながら待つ露出ほど心臓に悪いものはないのだと知りました笑
でもちゃんと現場に合わせてビジュ仕上げてくるれんれん本当にえらいね~~~(っTωT)ノって頭かき回したいです(ババアこわい)

この子たちしゃべらせてなんぼやなあ…というのは、サマステに初参戦してみて分かったことです。こののんびりした雰囲気が見られるようなテレビ番組が始まるのはいつですかね?()()
ジャニワでは世間に見つからなかったようでとっても残念だったけれど、サマステを越えて、どこか一皮むけた良いきんぐちゃんが見られるよう、今から夏の終わりが楽しみですなあ。

 

各ソロ公演、あと後半のきんぐ公演も楽しみにしてます♡

 (追記:感想書きました。読む読まないは自己責任で。)

tr10040123.hatenablog.com

tr10040123.hatenablog.com

 

 

JIN AKANISHIさんのライブに行ってみた感想、だけではなく。

JIN AKANISHI LIVE TOUR 2016 ~Audio Fashion~

昨日国際フォーラム公演に行ってきました。

正真正銘、初めて赤西さんにお目にかかりました。

今回ライブに行くにあたりネタバレがもったいない気がしたのでメディア系には一切触れず、あとテーマが輪廻転生、赤西さんの頭の中を具現化したライブなんですよね?そこだけは知ってました、それが違ったらごめんなさい…

で、あのOP映像ですが、何が言いたいんだか全然掴めなくてやばい、なぜパンフ買わなかったんだ、って初っ端からめっちゃ焦ってたんですけど、もはや赤西さんのライブって、曲を知らなくてもめちゃくちゃアーティスティックな世界で満ち溢れてて、というかライブが世界そのものというか、余計なこと考えるよりも、とにかくめいっぱい感受性上げて音と光を浴びて(これがたまらないんですけどね!)、なんか、細胞が潤う?生き返る?みたいな、ついついサイリウム振るのを忘れがちになっちゃうし息止めちゃう(死ぬ)、けどたまにある振り付けはかわいいし、おそろしく楽しいライブだったなあ、と思いました。

以下、感想です。(今更ですがJip'sで合ってるんですよね…?すぐ赤西担って言いそうになる。)

なぜかたくさんのJip'sさんに見ていただけてるみたいで。嬉しいです。

 

うまく言えませんが、現カツン担として、わたしは赤西さんにそれなりに思うところがある時期もありました。というか割と長かったです。わたし自身幼かったというのもあると思います。5人のカツンはもがき苦しんでて、上田くんは坊主になって、思いが昇華されるよりも先にカツンはまたメンバーが減って、上田くんはキャラが変わって、そしてよく分からないまま4人のカツンにお仕事が増えて、赤西さんの方もようやくうまくいき始めてきたのかなあと思える余裕ができて。そこで初めて、なにかストンって自分の気持ちの落としどころが見つかった気がしました。そして、東京ドームでのかめちゃんの最後の挨拶を聞いて、ようやくきちんと昇華できた気がしました。

わたし、やっぱり誰一人欠けることなく10周年をお祝いしたかったんですね。

でも、赤西さんの才能が有り余ってること、才能を持て余してることなんて分かりきってて、昨日見た歌って踊ってやりたいことをめいっぱい表現してのびのびしている赤西さんの姿はとてもまぶしくて素敵で、だから涙が出たのかもしれない…?よかったね、って思います。素直に。あの事務所を出てひとりでそれだけの力をつけていくって、やろうと思ってもできることではないから、ずば抜けた才能というものがいかに人を惹きつけるのかをしみじみ実感したし、それでも口下手な赤西さんがそれをビジネスとして成立させるためには、経験したくない努力も苦労もたくさんあったんだろうなと思います。知らないけど。

赤西さんが息を吹き返すまでの長い間、Jip'sのみなさんもきっと色々不安だった毎日を乗り越えて今すごく楽しいと思うんですね、それでも今の赤西さんがもっと評価されるべきであることは事実だし、絶対これからもっともっと認められていくだろうし、ファンがそう思っていることを他人から言ってもらえるのって嬉しいですよね、分かります。良かったねって思います。昔の赤西担、帰ってくればいいのにな。

 

で、何が言いたいかというと、わたしは5月1日のヒリヒリするような多幸感に満ちた東京ドームを体験しました。かめちゃんが、うえだくんが、なかまるさんが、考えて、耐えて、我慢して、守り抜いた、昔よりもっと洗練されておしゃれで更に煌びやかになったKAT-TUNのライブがそこにありました。
今でもカツンを応援してくださっている方もたくさんいると思うけど、今のカツンをご存じない方も、知っているけどライブまでは足を運んでいない方もたくさんいると思います。それがわたしはものすごい悔しいです。
赤西さんのパートを今メンバーがどんな風に歌っているのか、曲中のあの大事なフェイクがないと認める潔さとか、ぜひ、DVDで見てみていただけないでしょうか。
もちろんアーティスティックな世界を創り上げる赤西さんとは違ってアイドルである以上削ぎ落とす部分に限界はあるけれど、やっぱり赤西さんがいた時の方が…って思うかもしれないけれど(わたしがそう思っているわけではありません。念のため。)、なんにせよ、とりあえず見てほしい。
アイドルとしての誇りを持ったアイドルらしい激烈にかっこいいライブです。
赤西さんがカツンじゃなくなってから6年弱の間に素敵な曲だってたくさん生まれました。去年のライブで一番盛り上がる部分の曲は、当時の最新シングルのカップリングだったし、今回のライブではそれが最新シングルでした。
赤西さんや聖、たぐちくんがいたこと、そしていなくなったことをきちんと提示し認めた美しさがそこにあることを、わたしも昔カツンを好きだった人に知ってほしいです。

ということが言いたくて、ブログを書いてみました。

知ったか口調ですみません!怒らないでください!

いや怒ってもいいので!

DVD!買ってください!

通常盤!安いよ!

 初回盤!DVDケースより分厚いブックレットと新曲のCDがついてるよ!

DVD!!買ってください!!!!!!

 

 

 

もう一度行ってみて色んなことを確認したいんですが、昨日のライブは色んな偶然が折り重なって普段より譲りが多いライブだったことを知り、諦めました。うん、いつかまた行ってみたいです。

聖のことは未だに整理がついていなくて(引きずるタイプの人間)、曲もまともに聴いたことがないしライブも怖くて行く気になれないんですが、いつか行ってみたいと思える日が来たらいいなと思います。

最後まで読んでくださり、どうもありがとうございました。

 

(後半カツンの話もしたのでいいかなーと思ってジャニーズカテゴリに入れちゃいましたけど、それ以上の他意はありません)

Mr.KINGってどんなグループ?と思ったそこのあなたへ。

 あなたは今度Mステに出演するMr.KINGというジャニーズJr.のユニットをご存じでしょうか?知らないという方へ、勝手ですがMr.KINGのメンバーを紹介します!f:id:tr10040123:20170825204511j:plain

f:id:tr10040123:20170820225050j:plain

 

20170714追記:2017年もテレ朝 六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATIONの応援サポーターに就任しました!今年もよろしくお願いします!

www.tv-asahi.co.jp

2017年夏現在、期間限定、一部地域限定ですが初の冠番組「KING ステーション」がテレビ朝日系列で毎週土曜午後4時~4時25分まで放送中です。

www.tv-asahi.co.jp

 

・内容は浅いくせに文章はやたら長いうえに結構主観まみれなので、あんまり当てにしないで下さい。内容の総入れ替えを検討中。

※年齢、身長等ほとんとのデータは2016年8月現在のものです。

・出演情報その他追記したいと判断した内容のみたまに加筆修正しています。  

・文中で紹介する曲は表記がないもの以外全てザ少年倶楽部で披露した曲です。

 

平野紫耀/ひらのしょう】

2017年4月に大塚食品 ビタミン炭酸飲料 MATCHのCMに出演が決まりました!詳細は公式サイトをご覧ください。メイキングもあるよ!

www.matchnews.com


2018年春公開の映画【honey】で主演に決まりました!映画単独初主演!

honey-movie.jp



メンバーカラーは青。この冬でとうとう20歳になる早生まれの19歳。出身は愛知県。

入所して5年目。今は東京で活動していますが2014年冬~2015年春頃までは関西ジャニーズjr.として活動していました。ちなみに入所するまであのボイメンのメンバーでした。小さい頃から師事していたダンスの先生の縁でジャニーさんの前で10分ほどダンスし、オーディションを受けずに入所。

関ジュの影響で今でも関西弁が混ざった不思議なイントネーションでしゃべりますが、たまに名古屋弁が出る。

特徴は細面でピンクの唇がキレイな小さすぎる顔とギャップのあるムキムキな体型。身長170cm。本人曰く鍛えてもないのに人一倍筋肉のつきやすい体型だそうで、腹筋は8パック。胸板やらおしりやら太ももに厚みがあるので慣れれば遠目でもシルエットですぐ分かるようになるはず。

尊敬する先輩は山P。事務所に入ったきっかけがそもそも山P。

最近の仲良しはPrinceの岩橋玄樹くん、神宮寺勇太くん、SixTONES森本慎太郎くん。この4人+髙橋くんでよく遊びに行く仲。

◎楽しそうなときは目が線になるくらいニコニコしていてのんびりした子かと思いきや結構な意地悪ガキ大将な一面もあり、にも関わらず永瀬くん髙橋くん含めあらゆるジュニアからモテモテなMr.KINGの長男。永瀬くん髙橋くんを弟みたいな存在といい、彼らも平野くんのことをとても頼りにしています。本番に強いですが、稽古や公演を重ねるにつれ顔が痩せていってしまう一面もあり実は繊細。

天然で独特の感性の持ち主、更に勉強が苦手で日本語が不自由という魅力?もあります。興味が沸いたら「平野紫耀 天然」でググって出てくるNaverまとめをご覧ください。擬音語や擬態語の使い方が個性的で、言い間違えはしょっちゅう。英語にも弱いので、どんな英語詞も音を聴いて丸飲みして覚えるそう。逆にすごい。

物事を何かに例えるのが本当にとても上手で、個人的にはその頭の回転の速さに只ならぬ知性を感じています。

ちなみに、夢はお札に載ること。

 ◎本人曰くコンプレックスというかなりのハスキーボイスで、その歌声に虜になったファンも多数。ここぞというときのCメロを担当することも多く、ジャニラップも歌えます。

平野くんの歌でお勧めは2016/11/09「LOVE SONG」です。

 ◎小さい頃からダンスを習っていたおかげで力強くて正確なダンス、またアクロバットも得意。舞台【JOHNNYS' World 2015-2016】ではバトン、ローラースケート、ジャズダンスにも挑戦してそしてものにしてしまうため、なんでもできるように見えてその陰で人一倍努力を積む実力派。舞台【JOHNNYS' Future World】(2016年)では、3日で会得した何種類ものフライングを完璧にこなし、数々のジャニーズの舞台を観劇してきたおばさま方をうならせたことも。

2016年冬現在でお勧めのパフォーマンスは
2014/08/06「Black&White(ソロ)」
2015/01/07「Party Don't Stop(ソロ)」
2016/09/28「Explosion」
2016/10/05「ブリュレ(メドレー)」←衣装のせいでダンスが少し見づらい 

◎ドラマ【SHARK】(2014年)で連ドラ初出演にして初主演を果たしたり、2016年9月の福岡博多座、10月の大阪梅田芸術劇場で舞台【JOHNNYS' Future World】の座長という大役を務めることになったり、色々と背負っちゃう系。ちなみに福岡博多座では19歳で史上最年少座長。

 

モデルプレス編集部による2017年ネクストブレイク候補10人に選ばれました。

mdpr.jp

【永瀬廉/ながせれん】

メンバーカラーは赤。ファンからは「れんれん」と呼ばれています。かわいい。この冬で18歳になる早生まれの現在17歳。出身は東京都ですが転勤族で、前は大阪に住んでいたため今は緩い関西弁。

入所して6年目。今は東京で活動していますが2015年春までは関西ジャニーズjr.として活動していました。ちなみに同期は演技派と名高い関西ジャニーズjr.のセンター、西畑大吾くん。最近の仲良しはLove-Tune阿部顕嵐くん、長妻玲央くん。

特徴は身長175cm、細身で足が長い抜群のスタイル&スッと通った鼻筋とパンッパンの涙袋、くっきりした二重の正統派ジャニーズ顔。顔面は成長により培われたため、小さい頃の写真(平野くん曰く「おたまじゃくし」)と比較して整形!といじられるのは鉄板ネタ。あと地黒。

ちなみにわたしのおすすめのチャームポイントは口角です!

顔面評論家の方による「2017年最も売れる俳優ランキング ベスト3」に選ばれました。ほら!モテモテ口角ライン!!!!


free-fortune.jp 

◎天然で不器用、それ以上に努力家で、舞台【DREAM BOYS】(2014)の出演中にバク転を手首をけがしながらも会得したこと、ジャニーズに入るまでダンス未経験だったこともあり苦手だったダンスは舞台稽古や本番の入り2時間前に一人で練習することにより昨年大きく改善されたこと、みんなで楽器演奏に挑戦することになったときはリズム感不足を克服するためにドラムを希望し1年かけてある程度上達したこと、MCで話す内容を毎度綿密に準備すること、大学の受験勉強で1日7~8時間勉強していたこと(2017年4月に明治学院大学社会学部に入学)、などエピソードを挙げればきりがありません。楽屋や宿泊しているホテルの部屋を散らかす、という少し子供っぽい一面も。最近おしゃれに夢中。

◎自分が天然でボケ側にも関わらず、残り二人がそれ以上に重度な天然なためになんとか仕切ろうと頑張るしっかりした一面もあり、サマステでは永瀬くんがトークを回したり、宣伝を行ったりする役目を担っていましたが逆にド天然を発揮することもしばしば。割と笑い上戸というかツボが浅めでハハハハハハと響く大きな高い声も魅力的。ツッコミつつもいじられすぎるメンバーには優しくフォローを欠かしません。まあまあ滑舌が悪くタ行が苦手でしょっちゅう噛んでしまうのはご愛嬌。本人は平野くんとの関係は双子というけど平野くんからは弟、そして髙橋くんからは双子と言われる、そんなMr.KING次男

 ◎いつの間に声変わりしたのか分からないほどのスイートハニーボイスで、その歌声に虜になったファンも多数。(わたしもその一人)2016年夏のMステではなかなか苦戦していましたが、いつもならもっと歌が上手であることはファンである私が胸を張って申し上げておきたい事実です!

2016年冬現在のおすすめは

2014/06/04「ムラサキ(ソロ)」

2014/12/03「ウィークエンダー」(特に最後30秒!)

2016/02/03「ツキノミチ」

2016/10/05「アメフリ→レインボウ(メドレー)」です。

少し前だと語尾のクセがちょっと強め。(そこもかわいい)

 ◎ダンスに関しては、2015年~2016年にかけて目覚ましい成長を遂げたので、おすすめのパフォーマンスというよりはせっかくなので比較していただければ、と。

分かりやすいのは 2014/11/05「蒼い季節(メドレー)」→2015/08/12「Black/White(佐藤勝利くんソロ)」→Mステ2016/01/29「HiHi Jet」→2016/08/10「REAL DX」かと。

全部見るのが面倒だったら「Black/White」と「HiHi Jet」だけでも!

ちなみに、Mステ2015/08/21「サマー・ステーション」とMステ2016/08/12「OH!サマーKING」を見比べるとバク転が格段に上手になっているのが分かります。

 

【髙橋海人/たかはしかいと】

とりあえず「Remedy 髙橋海人」で検索してください!!!!!!!!

2016/08/12のMステで密着映像が流れたのが髙橋くん。

メンバーカラーは黄色。早めの誕生日で既に17歳。永瀬くんとの年の差は1歳とはいえわずか70日違い。出身は神奈川県。

入所して4年目。ジャニーさんの目に留まってハイスピード出世したタイプ。ちなみに同期は今サマステで話題のHiHi Jet 猪狩蒼弥くん。

特徴は、とにかく顔が濃い!本人曰く外国でも馴染んじゃう。わたしのおすすめチャームポイントは水分量多めなどんぐり眼。あと、永瀬くん曰く歯並びがきれいだそう。身長174cm。やっと最近がっちりしてきましたがまだまだ成長期。髙橋くんも、地黒。

※永瀬くんと見分けのつかないときは、前髪の分け目が平野くんと同じなのが、髙橋くん。違うのが、永瀬くん。(分かりづらい)

尊敬する先輩はSexy Zone中島健人くんで、重度のケンティ教。NEWSの増田くんも尊敬しています。

◎ザ!弟!の甘えたがりで事務所の色んな先輩からかわいがられ弟枠を独占。特に平野くん、そして永瀬くんに全幅の信頼を置き日々甘えています。髙橋くんによると、一見意地悪ばかりしているように見えて実は平野くんが髙橋くんにとっても優しかったり、誕生日はほぼ2か月しか変わらないというのに永瀬くんが髙橋くん相手にちゃんとお兄ちゃんぶったり、かと思いきや突然同い年として接したりするんだそうです。何それ、めっちゃかわいい。永瀬くんと顔が似ているため海外では頻繁に兄弟かと尋ねられ、友達だと返すまでがかわいいMr.KINGの三男。

こちらもド天然で独特の感性の持ち主ですが、髙橋くんはものすごい勉強熱心で、ハードスケジュールでも勉強を怠らず、先日学校の試験で学年1位になったとのこと。

少女マンガが大好きで、胸キュンゼリフを突然口にしたり、最近の特技は「髙橋ポエム」(与えられたお題をもとにその場でポエムを披露する)という不思議な一面も。字が汚く絵心のない平野くん永瀬くんと対照的に字や絵がとっても上手で、アイドル誌の年賀状や企画、ライブの映像で披露してくれました。

 ◎声変わり前は、誰もが驚くハイトーンファニーボイス(平野くん曰く小さな妖怪)でしたが、声が低くなった今では深みのある歌声に。声自体は少し特徴的ですが3人で歌うとうまく溶け合って、独特のユニゾンに。(ここでいうファニーボイスは、かわいらしい声、という意味です。高橋くんが面白い声という意味だと勘違いしていることがR'sブログにより発覚したので、念のため。)

歌でお勧めは

2015/11/04「僕のシンデレラ(メドレー)」

2016/10/12「花に想いを(メドレー)」

2016/11/02「THE DREAM BOYS(ほぼソロ)」ですが、他のどんな曲も表情豊かに歌い上げてくれます。

 ◎小さい頃からものすごく熱心にダンスを習っていたため、その実力は桁違いで、今ではジュニア随一とも。ダンススクール時代はF4というグループで活動しており、大会入賞歴も多くあるためyoutubeでざくざく動画が出てきます。アレンジが多彩でどんなときもとにかく生き生きとダンスをする様子はあまりにかっこよすぎてトークとのギャップにやられるファンが多数。事務所内でも評価が高いようで、舞台【JOHNNYS' World 2015-2016】では先輩2人の歌う「君と…Milkyway」に合わせて外国人ダンサーに混じってジュニアがたった一人で踊らせてもらえる大役を任されました。毎公演少しずつ違う振り付けで多くの観客を虜にしていたのですが、残念なことに映像が残っていません。ライブで披露したフリーダンス、「Remedy」、「ブリュレ」(平野くんと共作)、「Mr.jelousy」等自分で振り付けすることも。意外にも永瀬くんや後輩の子たちにアドバイスしたり、褒めたりする一面もあるみたいです。

髙橋くんのダンスはどんな曲でも本当にめちゃくちゃ見応えがあるんですが、その中でもおすすめは2016/03/02「ビロードの闇」、2016/04/22「Bounce To Night」(Mステ)、2017/02/08「Remedy」です。特に「Remedy」はとても完成度の高い仕上がりになっているので、本当にどうしてもこれだけは絶対見てみてほしい。

◎舞台【DREAM BOYS】(2016年)ではJohnnys'5のセンターとして出演。

この度DVD化が決定しました。(尚出演部分の収録は未確定です。)

DISC | Kis-My-Ft2 Official Website

DREAM BOYS(CD付)(初回生産限定盤) [DVD]

DREAM BOYS(CD付)(初回生産限定盤) [DVD]

 

 

2016年11月からNHKRの法則】に8期レギュラーとして出演中。ニックネームは「かいくん」。【Rの法則】への出演の際は私服なので、そこも見どころのひとつ。

www.nhk.or.jp

 

Mr.KING

Mr.KINGは2015年夏のテレ朝夏祭り応援サポーターのために結成されたMr.King vs Mr.Princeが夏の終わりにしれっと分裂し、改めて結成された3人グループです。

とはいえ、この3人が一緒に活動し始めてから気づけばもう丸3年。

出会いは舞台【JOHNNYS' World】(2014年)に髙橋くんが出演しており、ジャニーさんの「YOU出ちゃいなよ。ついでに永瀬も出ちゃいなよ」の一言で急きょ平野くんと永瀬くんが出演したとき。

しっかり一緒に活動した最初の舞台は【ジャニーズ銀座2014】のSexy Age。そこから舞台【DREAM BOYS】(2014年)、

舞台【2015 新春 JOHNNYS' World】(2015年)、【ジャニーズ銀座2015】のクリエA、

Mr.King vs Mr.Princeとしてテレ朝夏祭り応援サポーター、【Summer Paradise 勝利 Summer concert】(2015)のバック、【ガムシャラSexy夏祭り 特別公演】(2015)、

Mr.KINGとして舞台【JOHNNY'S World 2015-2016】、特に2015年はほとんどの時間を共に過ごしてきました。

再びテレ朝夏祭り応援サポーター(2016年)に就任し、【サマステジャニーズキング】(2016年)、舞台【JOHNNYS' ALLSTARS IsLAND】(2016年)に出演。

◎近年あまり見られなくなったジャニーズjr.のMステ出演ですが、Mr.KING

2016年だけで1/29に「勝利&健人 with ジャニーズjr.」

4/22に「Mr.KINGとジャニーズJr.」

8/12に「Mr.KING」として計3回出演。

Mステへの出演歴はこれ以外に今まで3回(表記は 「DREAM BOYS」、「Mr.King vs Mr.Prince」)。

また、2016年8月31日にはジャニーズjr.として3組目の写真集「DREAM KINGDOM」を発売。

 2016年11月26日にTBS「Mr.KING VS MissQUEENの青春ダンス!」が放送されました。

Mr.KING VS MissQUEENの青春ダンス!|TBSテレビ

放送の数週間前に突然番組の存在が明かされ、女子高生にダンスを教える?!どういうこと?!と放送前にファンの間で随分話題になりましたが、Mr.KINGの素の部分が垣間見えるとても貴重な番組で、見ないでおくのは損だと私は思っています。

Mr.KINGのオリジナル曲は

愛は味方さ」(おすすめは2014/05/07→2015/12/09→2017/01/04)

「THE DREAM BOYS」(初披露は2014/10/22)

「情熱の色」

「OH!サマーKING」

「スペース・ジャーニー」

「Alright」の4曲。

特に前者2曲は頂いてから3年、定期的に少年倶楽部で披露してくれているため、Mr.KINGの成長を目にすることのできるとっても素敵な曲です。

ちなみにMステ2016/04/22で披露した「Bounce To Night」や、他に「Hello!ハルイロ」、「サマー・ステーション」、「勝つんだWIN!」(おすすめは2015/06/03。2017/05/07にシブヤノオトという番組にて地上波初披露しました。2年前と比較してみてほしい)はMr.King vs Mr.Princeのときに頂いた曲。こちらも良曲揃い。

「Brother」は2014年の関西ジャニーズJr.春休みスペシャルコンサート(通称春の松竹座)のときに平野くん永瀬くんのために作られた曲。(おすすめは2014/08/13。バックに髙橋くんがいます。)

平野くんは、舞台【JOHNNYS' Future World】(2016年)をきっかけに初オリジナルソロ曲「To The Future Island」(2016/12/07にザ少年倶楽部で披露)を頂きました。

髙橋くんは、舞台【DREAM BOYS】(2016年)に出演した際johnnys'5(メンバーは髙橋くん、HiHi Jetの井上くん、橋本くん、髙橋くん、猪狩くん)として「Welcome To My Hometown」(2016/10/12にザ少年倶楽部で披露)を頂きました。

Mr.KINGの歌で私がぜひおすすめしたいのが2017/01/11「Harmony of December」です。三者三様ですが、各々本当にとっても素敵で、3人ともここまでしっかりソロパートで歌い上げることができるのは、Mr.KINGの長所だと私は思います。

 ◎Mr.KINGのいいところは、お互いを尊敬し、良さを尊重しあい、そして助け合って今日までに至る関係性だと私は思っています。

3人はそんな自分たちをViVi9月号で

平野くん「新しいことが始まる時って、僕、どうしても緊張しちゃうんですけど、海人がアホなことを言って笑わせてくれるから、和む」

髙橋くん「僕の言ったしょーもないことも、必ず廉が拾ってくれる。現場で僕と廉がいっぱいいっぱいになってると、紫耀が冷静になって引っ張ってくれる。廉はしゃべり、紫耀は現場の判断力がすごい」

永瀬くん「去年の夏と冬、一緒に舞台をやって、誰よりも長く一緒にいたし、同じ目標を持って、助け合って乗り越えることができた。同じ景色を見たり同じ壁にぶつかったりして、結束を深められるのも、チームならでは、かな」

 と語っています。わたし、泣いちゃう。

 

本当にかわいい3人組で、もっともっとたくさん魅力はあるのに、うまく伝えられなくて本当に申し訳ありません。それぞれの関係性について深く掘り下げるともうとんでもない長さの文章になってしまうため、この辺で。

きんぐちゃんの魅力、こんなもんじゃないよ!まだまだ序の口だよ!と大声で言っておきます!

2016年8月末に初の写真集が発売されました!アメリカまで行って撮ってきた写真集にはきんぐの魅力がぎゅぎゅぎゅっと詰まっておりますので、ぜひ買って下さると嬉しい!コスパは最高でーす!

Mr.KING写真集『DREAM KINGDOM』初回限定版

Mr.KING写真集『DREAM KINGDOM』初回限定版

 
Mr.KING写真集 『DREAM KINGDOM』 通常版

Mr.KING写真集 『DREAM KINGDOM』 通常版