Work hard and for me

甘栗よ、ずっと永遠に。

ザ少年倶楽部PREMIUM STARRING KAT-TUN

今日、KAT-TUNが番組MCを務める少プレの最終回が放送されました。

一言でいうなら、めっちゃくちゃ良かったです。どこに出しても恥ずかしくない、最高級の1時間でした。

もちろんカツン担のひいき目はありますが、少クラを毎週録画にしてるせいで偶然少プレが録れちゃってる普段KAT-TUNに興味がない方にも、ぜひ見て頂きたいと、一見の価値ありだと思います。暇つぶし程度に見てくださると嬉しいです。

さあ、 少プレが録れてないけど気になってきたそこのあなた!まだ間に合います!金曜日に再放送があります。録画して見てください…!

 KAT-TUNはかなりクセがあるグループで好みが分かれるタイプのパフォーマンスをするのは重々承知のうえで、KAT-TUNが月に1回こういうことをしていたっていうのを、一人でも多くの人に見てほしいです。最終回だし。

 

少プレ最終回は、あの曲もこの曲も歌ってくれるカッコイイKAT-TUNに軽率にテンションが上がりっぱなしの、とても素敵な1時間でした。

とにかくうえだくんの顔が美しいよ!!!!!

 

最初は、かめちゃんがサングラスで臨む直近シングル曲 UNLOCKをフルで。イントロの中丸さんの動きがすごく好き。うえだくんがダンスを頑張ってる(泣)

・CLUB

伝説の曲 RAYで畳み掛けるように美しく力強いKAT-TUNを見た後に流れてくる RUN FOR YOUのイントロが懐かしくて。自担はちょっとお呼び出ししますけど。あのしなやかなダンスはどこに置いてきた?首の使い方は忘れた????甘栗上田担としては外せないのがMVや当時の音楽番組の間奏ダンス。Cメロのかめちゃんの2ターンがとても好き。うえだくんのダンスが安定して危ない。

昔のカツンのライブではよくあったソロダンスタイム。こういうときのうえだくんがね、踊らなくて、好きなんですよ(甘い)

きっと4人で披露するのは最初で最後になるTOKYO STARRY。歌詞と歌割りが天才的。おしゃれな曲で垣間見えるお茶目な4人、最高か。

 

・ACOUSTIC

いつまでも聴いていたい、優しく澄んだ4人の歌声。

CHAINを思い出させる儚い指先のHBBが綺麗。

アカペラからの原曲と全く違うアコースティックアレンジでとってもおしゃれなSIGNAL、でもこれきっとすごく難しいのでは…。

同じくCHAINNO MORE PAIИが印象深くて泣かせにかかってきたSMILE。歌詞が柔らかく刺さる。(←全然バラード曲聴いてないのバレた)

そしてPrecious Oneは…。うえだくんが6年ぶりのピアノで中丸さんのHBBとセッション?だよね。うえだくんの手がすんごい震えてて、そこで泣いてしまった。デビューコンのラストを飾った曲だけに、歌うKAT-TUNを見てると涙が溢れて止まらないから困る。10年前のがんもどきみたいな泣き顔のゆっちが懐かしいこの曲。3人がピアノを弾くうえだくんを囲むのがじーんと来るし、ピアノを弾くうえだくんの指を覗きこむ中丸さんの視線が優しくて優しくて涙。

 

・ROCK

衣装がかっこよすぎやしませんか。うえだくんの衣装の肩の部分に布を下さった方にお礼を言いたい。うえだくんのメイク最高。

バンドメンバーに前回、前々回のROCKのときにも参加してくださった豪華な面々をつけて、1曲目は超アップテンポで新鮮なReal Face。

数あるKAT-TUNの曲の中でもROCKの代表と言っても過言じゃない愛のコマンドはついついライブDVDのマルチアングルを思い出す。前のROCKのときより上手くなったなあ…。

MOONなんて、三味線が鳴り響いた瞬間にガタガタ手震えてた。痺れるくらいかっこよかった。

最後の遥か東の空へ。前向きな曲。これからに繋がる曲。

「WeAreKAT-TUN」は亀梨さんは前髪をぐしゃぐしゃにするし、うえだくんも中丸さんも気づけば眼が水分過多でキラッキラしてて。盛り上げてくれるバンドの方々のありがたみ。「ありがとおおお少年倶楽部~~~!楽しかったぜ~~~!」ていううえだくん大好き。ジャンプのときなんてもううえだくんの顔がすごく歪んでて、泣いてるんじゃないかって、そう思ったらまた涙がぼんぼん出てきてしまった。つらい。

 

コーナー間に挟むT.Uショッピングが本当に茶番でうえだくんがカワイイ…

エンドロールもTWIRIGHTTWILIGHTをBGMに、普段見られないKAT-TUNのライブの裏側を見せてくれて、とても素敵で愛がこもった映像だった。スタッフさんに感謝、感謝、感謝。

 

KAT-TUNが番組MCになって丸2年、KAT-TUN Premium Show(つまりライブコーナー)では、KAT-TUNは新曲はもちろん、もうKAT-TUNが何年も歌ってないようなアルバム曲や、披露した事のないカップリング曲、更にはメンバーの好きな先輩の曲まで歌ってくれました。

少プレスタッフさんは、セットの随所にKAT-TUNに関するものを置いてくれたりジュークボックスにKAT-TUNの曲を入れてくれたり、お誕生日を思いっきりお祝いしてくれたり、ロケにもたくさん行ったし、

プレミアムショーではリクエストを募集してランキング上位の曲をメドレーで披露させてくれたり、ライブでやったパフォーマンスを再現したり、なかなかテレビで見られないような豪華なアーティストさん達とコラボしたり、とにかく演出に凝ってくれて、毎月これ以上ない幸せな時間を提供してくれました。

全22回、74曲。だそうです。

上質な時間をお金をかけて提供してくれた番組スタッフの方々には足を向けて寝られません。

 

ありきたりな言葉ではあるけれど、昔、Music Loversだったか、KAT-TUNにとってライブとは?という質問に対し「原点」と答えたのを思い出しました。

何人だろうと、いつだってKAT-TUNは鮮やかに前に進み続ける。

そんなKAT-TUNを私は尊敬している。愛している。誇らしく思っている。

だから悔しい。こんなに素晴らしいパフォーマンスをするKAT-TUNのパフォーマンスがあと1か月と少しで見られなくなるのが何よりも悔しい。こんなに、こんなにすごいのに。もっともっと見たいのに。どこの世界に行けばずっとKAT-TUNを見てられる?どこの世界に今のKAT-TUNが存在する?

お別れの時期がすぐそこまでやってきました。今までやっとの思いで勝ち得てきた色々なお仕事が一つ一つ最終回を迎え、KAT-TUNは順調に充電期間へ移行しようとしています。

今日の少プレを見て、わたしは、5/2を迎えられるのだろうか。

KAT-TUNが長い眠りにつくその日まで、穏やかにKAT-TUNを愛し続けたいのだけれど。

まだまだ穏やかになれない毎日。