読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Work hard and for me

甘栗よ、ずっと永遠に。

担当を名乗っていいのか分からなくなってしまった

(追記)年末に発売されたTVガイド?を読んで、ちゃんとうえだくんについていけば間違いがないと改めて感じました、気持ちも上向きになりました、ので、自信を持ってこれからも上田担だと名乗っていこうと思います。以下はTVガイド?を読む前の話です。

 

上田ジャニーズ陸上部が発足してから、それまでより多くのジャニオタが体育会TVに注目してくれるようになったと思います。
それまで上田くんに興味のなかった人が上田くんを目にする機会も、上田くんの頑張りを知って褒めてくれる機会も増えました。
ゼウスも、上田くんがクローズアップされることが多くて、今までこんなことはなかったので最初は戸惑いましたが、素直に嬉しかったです。

その一方で、
ゼウスでは、クラスに一人、こういう人っているよね、とばかにされたり
上田くんばっかり映ってずるい、とか
体育会TVでは、陸上をやってたわけでもないくせに、じゃあ自分でやってみろ、やりかたが古い、挙動が乱暴で嫌い、自担は今までちゃんとやってきたのに、と言われたり。

見たくなくても目に入ってくる。

わたしは、上田ジャニーズ陸上部について最初に言っておくと、
上田くんのおかげでテレビに出られただけでもありがたいと思え、とは思っていません。
だって、それはお互い様だから。
ジュニアの子たちが力いっぱい真面目に陸上部として上田くんと一緒に結果を出してきてくれたからこそ、充電期間の今、上田くんが体育会TVに出続けられるからです。ライブや舞台の稽古で忙しかっただろうに。本当に感謝しています。ジュニアの子たちのおかげで、上田くんはテレビ誌に連載かと思うほどしょっちゅう取り上げられるし、きっとこのお仕事がきっかけで上田くん自身に注目して特集を組んでくれた雑誌もありました。
ありがとうございます。

ただ、KAT-TUNが充電期間でグループとしての活動がない中で、上田くんがプライベートを費やして熱心に取り組んでいる上田ジャニーズ陸上部を通して、大好きな自担を笑われたり、ディスられたり、それに意気消沈するカツン担を見かけたりすることがとにかく苦しくてたまりません。

上田くんは本当は怒ってばっかりの人じゃないんだよ、
まっすぐで素直な人だから、結果より何よりまず真面目に取り組むことが求められるテレビ番組で、求められるまま真面目に取り組むし、真面目にやらなかった後輩を叱ることもあるし、どう思われるかリスクも承知で真正面から自分なりの考えを持って向き合おうとしてる、それは上田くんなりの誠意だよ、
ってたくさん、本当にたくさん考えます。
特に体育会TVは、オーディションのときにも上田くんが言ったように、他のタレントさんや芸人さんが今までやってた仕事をジャニーズがやるわけだから。

でも何も考えず何も知らずテレビを眺める人にはそんな思いは伝わらないし、
後輩の行動に怒る上田くんについてスタジオの出演者が「こわい、こわい」と連呼したり、テロップがやたら激しかったり、「鬼」とまで評されたり、
そう思われやすい環境が整っていて、だから余計にしんどい。

自担に関してはモンペだから、おいふざけんなよこのやろう誰が編集をやった、うちのかわいい子を悪者にしやがって、って思います。
(上田くんやKAT-TUNを使ってくれることに関しては多大なる感謝しかないけれど、上田くんの使い方に関しては文句もある、あのテレビ局には。)

わたしだって、厳しいことを言ったり怒ってばっかりの上田くんが見たいわけじゃない。
美しく歌い舞い踊る上田くんが大好き。
KAT-TUNのメンバーやスタッフさんに甘やかされてただニコニコしてる上田くんも大好き。
いつも予告を見るたびにヒヤヒヤした気持ちで体育会TVの放送を待つのは、きっと人が想像する以上につらい。
でも上田くんは、いつかKAT-TUNが充電期間を終えるその日を迎えられるよう今一生懸命頑張ってて、それは本当に誇らしくて、自慢の自担で、心から応援したくて、どうして、どうして、どうしてばかにできる人がいるんだろうと思うと悔しくて、ぶれずに楽しく上田くんを応援できない自分は果たして上田担と名乗っていいのか、それはだめなんじゃないかと思ってしまって、つらいし、本当に悔しい。

上田くんは、驚くほどまっすぐで不器用でかわいいところがとってもいじらしくて魅力的な人で、アイドルとしても幾重にも美しさを持ち合わせているものすごい人なんだよって、私は思うけれど、それが知られてないのは上田くんが不器用で人様の目に触れやすいところで自分自身を見せるということについて今まで消極的だったせいもあるから、仕方ないんだろうな、とも思ってしまって、でもそれでいいのか、とも思っていて。

今わたしは、これを機に上田くん自身に興味が沸く人が一人でも増えたらいいなってひたすら願うことしかできない。

こんな私が上田担で本当にごめんなさい。

上田くんは1月22日からドラマ「視覚探偵 日暮旅人」に「鶴田亀吉」という役で出演することが決まりました。上田ジャニーズ陸上部を通して上田くんを知って興味を持って下さった方がもしいらっしゃいましたら、公開された情報によると、どうやらかわいい方向に傾いた役どころのようなので、ぜひドラマを観て頂けたら嬉しいです。今まで見たことがないような、といわれているけれど、上田くんは元からめちゃくちゃかわいいんだよ!と大声で言いたくなるモンペですが、満を持してこんな一面もあります、と言えそうでとっても楽しみです。

 

亀ちゃんが帝劇で、上田くんが龍組で、来年は何かがあるとお知らせしてくれたので、いい加減きちんと目の前にあること(つまり学業)に集中しなければ春を迎えられない…。頑張ります。