読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Work hard and for me

甘栗よ、ずっと永遠に。

ジャニーズ楽曲大賞に投票しました。

ジャニーズ楽曲大賞に投票した話。例年、カツンにしか興味がなかったので参加してこなかったんですが、今年は少プレでカツンが他Gと絡む機会も多かったり、れんれんを入り口に少クラ見たり、他Gの曲に触れる機会も多かったので、あまり考えずにほいほい投票してきました。前置き長い。

そして、コメントは全然楽曲大賞とは違います!と最初に言わなければ。

 

楽曲

やろうと思えば1位~5位まで全部カツンになってしまっておもしろくないので、5曲全部違うグループの曲にしてみた結果。

1.「RAY」KAT-TUN 

 言わずもがな、カツン担ならみんな好き。曲だけでもめっちゃかっこいいけどこれはquarterコンの映像込みで数億倍かっこよくなるから、それを本当にたくさんの人に知ってほしい。わたしの好きなカツンが余すことなく全部詰まってる。需要を満たしてくれた供給に感謝。初回限定盤の特典でDisk3のマルチアングルが更に最高なので、少しでも興味を持っていただけたらまずvineとかTwitterとかで動画検索していただけると多少見れると思うし、もし気に入ったいただけたらぜひ購入してください!お値段以上の価値はあります!(ちゃっかり宣伝)

 

2.「カラフルEyes」Sexy Zone

久しぶりの5人シングルおめでとう!ご祝儀代わりに2位にしてみた。最近の風磨のサラサラ銀髪がものすごい好き。けんしょりはジャニワだしケンティーは映画とか卒論とか本当にお疲れさまです。永遠の0番が気づいたらポンコツ度だいぶ下がっててBBAは感動した。BYAKUYA以来聡ちゃん気になりすぎるなので早く世間に見つかりますように。しょりそうアンダルシア最高か。

 

3.「キミアトラクション」Hey!Say!JUMP

今年最も推されたグループ!24時間テレビにカウコンと、うらやましいことばっかりだ!またカツンと合コンしてください(*´з`)シンメ厨なのでダントツやぶひかにメロメロだったけど、「掟上今日子~」以来、塗くんが私の中でツボ。最年少が22でPVがメルヘンな工場?なのも衝撃だけど伊野尾ちゃんの大躍進がわかる立ち位置で、初OA見たとき「伊野尾ちゃんの時代が来た…」て震えた思い出。今年は中島さんの年やと思うねん…!

 

4.「Wait For You」V6

20周年おめでとうございます!今年メドレーたくさん見られて嬉しかった~!健ちゃんがかわいいのは世界の常識。でも森田くんの声がこんなにかわいいとは知らなかったし、この曲のいのっちは完全にリア恋枠。少プレ以来カミセンが音楽番組で仲良くしてくれてハッピーだし、デリケートな年末カツンに優しく絡んでくれたV6先輩ありがとうございます。

 

5.「Moonlight Walker」A.B.C-Z

初シングルCDおめでとうございます!5人で選びに選び抜いた一曲、五関様が振り付けしたんだそうで、 何から何までめっちゃえびっぽい、いい曲だなあと思って、5位にした。えび自体はジャニワで初めてお目にかかったけど本当にすごいグループだなあと。Great5めっちゃ好き。とっつーの顔と言葉がとても素敵だなあといつも思うので早く世間に(ry

 (カツンの曲は大体どれも入れたかったけれど、他に入れたかった他G曲は、パリマニ/ジャニスト、20/菊池風磨、まだ見ぬ景色/佐藤勝利、sakura/嵐、東京ドライブ/TOKIOなど。単に好きな曲。)

 

MV

「KISS KISS KISS」KAT-TUN

美しい顔の4人が代わる代わる部屋の中で踊る世界最高。これに尽きる。かめちゃんが「セカンドラブ」の役に入り込んでてめっちゃくちゃ紫色のオーラ振りまいててやばい。ダンスするシーンかビビッドな部屋でカツンが穴と戯れてる(言い方)シーンの2種類っていう素材の良さが引き立つシンプルさ。

 

余談。初回限定盤1にはPVにメイキングがついてて、タイトルにかけて「キス」のお題で4人が色んなことに挑戦してて、キスを迫る人もいるし今までで一番かわいい仕草をする人もいるメイキングはお値段以上の(ry

初回限定盤2は4人が2人ずつに分かれて決めたテーマに沿った曲選びや作詞、レコーディングまで全部やったシャッフルKAT-TUNが収録されてます!お値段(ry

 

KISS KISS KISS【初回限定盤1】(DVD付)

KISS KISS KISS【初回限定盤1】(DVD付)

 
KISS KISS KISS【初回限定盤2】(DVD付)

KISS KISS KISS【初回限定盤2】(DVD付)

 

 

 

現場

「quarter live in TOKYO DOME」KAT-TUN

カツン今年唯一にして最高の現場。セトリ、演出、セット、衣装、構成、なにもかも凝ってくれた至宝という言葉がふさわしいたった2回の貴重なライブ。メンバーがルーレットで他のメンバーのソロ曲を歌う大忘年会企画はたまらない。前述した「RAY」がラストを飾ります。豪華なジャニーズが好きなら確実に楽しめる。ステージが煙で見えなくなるくらい法規制ぎりぎりの特効はカツンならではで、メンバーがquarterコンのDVDを見ながら感想や裏話を語ってくれるビジュアルコメンタリーや本人たちがライブ前日深夜にふざけ倒して作ってくれた「Real Face」のカラオケ映像がDisk3に収録されてます。お値(ry

 

未音源曲

「勝つんだWIN」Mr.King&Mr.Prince

この夏、確実にジュニアの頂点に立ってた6人の若さと勢いをそのまま曲にした、と言っても過言じゃない、癖になるジャニーズソング。彼らの存在に気づくのが遅くて、結局生で見る機会が得られなかったことが悔やまれる。まあ、この曲というかキンプリでれんれんの立ち位置はしょうがないけどもったいなかったから、これが儚いものであってくれてわたしは嬉しい、んだろうな、多分。でもこれっきりお蔵入りというか誰にも歌われなくなるのが惜しいくらいめっちゃいい曲やねん。

(もう一曲選ぶなら、「お兄ちゃん、ガチャ」!!!!今まで見たことない世界観のドラマで、岸くんの制服がたまらなくかっこいい。きしりおかわいい。ただラストはジャニオタ殺しだった。お金さえあればDVDBOX買いたい。)

 

コンビ

平野紫耀&永瀬廉

Mr.KINGで元関西Jr.の2人。先に紫耀くんが上京して一旦離れたと思ったがその数か月後に廉くんも上京してきて、高橋海人くんを含めてとうとうグループを結成。(本人は否定するけど)ひたすら紫耀くんを追いかけ回す廉くんと、それを微笑ましく思ってる紫耀くん。決して彼らはシンメではなくて、2人のために作られた曲「brother」のような関係性(とはなんぞや。youtubeで見てみてください。)なんじゃないかとわたしは思うけれど、とにかくこの2人にはずっと一緒にいてほしいと思ってる。(もちろん海人くんも!これからもしょうれんにべたべたウザ絡みお願いします。)

(ろばまるは永遠で不変だからわたしの中で殿堂入り。)

 

自担

上田竜也

廉くんにはなんでもかんでも「ぎゃあああああああかわいいいいいいいいうおおおおおおおおお」となるけど、うえだくんには「アッカワイイ・・・(キュン)」となるあたり、心に住んでるのはやっぱりうえだくんだなあと。(分かりづらい)いまちょっと逃げてますが、今年も担降りしません。できません。

 

 

カツン宣伝用みたいになってしまったけれども、まーいっか。笑