読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Work hard and for me

甘栗よ、ずっと永遠に。

JIN AKANISHIさんのライブに行ってみた感想、だけではなく。

JIN AKANISHI LIVE TOUR 2016 ~Audio Fashion~

昨日国際フォーラム公演に行ってきました。

正真正銘、初めて赤西さんにお目にかかりました。

今回ライブに行くにあたりネタバレがもったいない気がしたのでメディア系には一切触れず、あとテーマが輪廻転生、赤西さんの頭の中を具現化したライブなんですよね?そこだけは知ってました、それが違ったらごめんなさい…

で、あのOP映像ですが、何が言いたいんだか全然掴めなくてやばい、なぜパンフ買わなかったんだ、って初っ端からめっちゃ焦ってたんですけど、もはや赤西さんのライブって、曲を知らなくてもめちゃくちゃアーティスティックな世界で満ち溢れてて、というかライブが世界そのものというか、余計なこと考えるよりも、とにかくめいっぱい感受性上げて音と光を浴びて(これがたまらないんですけどね!)、なんか、細胞が潤う?生き返る?みたいな、ついついサイリウム振るのを忘れがちになっちゃうし息止めちゃう(死ぬ)、けどたまにある振り付けはかわいいし、おそろしく楽しいライブだったなあ、と思いました。

以下、感想です。(今更ですがJip'sで合ってるんですよね…?すぐ赤西担って言いそうになる。)

なぜかたくさんのJip'sさんに見ていただけてるみたいで。嬉しいです。

 

うまく言えませんが、現カツン担として、わたしは赤西さんにそれなりに思うところがある時期もありました。というか割と長かったです。わたし自身幼かったというのもあると思います。5人のカツンはもがき苦しんでて、上田くんは坊主になって、思いが昇華されるよりも先にカツンはまたメンバーが減って、上田くんはキャラが変わって、そしてよく分からないまま4人のカツンにお仕事が増えて、赤西さんの方もようやくうまくいき始めてきたのかなあと思える余裕ができて。そこで初めて、なにかストンって自分の気持ちの落としどころが見つかった気がしました。そして、東京ドームでのかめちゃんの最後の挨拶を聞いて、ようやくきちんと昇華できた気がしました。

わたし、やっぱり誰一人欠けることなく10周年をお祝いしたかったんですね。

でも、赤西さんの才能が有り余ってること、才能を持て余してることなんて分かりきってて、昨日見た歌って踊ってやりたいことをめいっぱい表現してのびのびしている赤西さんの姿はとてもまぶしくて素敵で、だから涙が出たのかもしれない…?よかったね、って思います。素直に。あの事務所を出てひとりでそれだけの力をつけていくって、やろうと思ってもできることではないから、ずば抜けた才能というものがいかに人を惹きつけるのかをしみじみ実感したし、それでも口下手な赤西さんがそれをビジネスとして成立させるためには、経験したくない努力も苦労もたくさんあったんだろうなと思います。知らないけど。

赤西さんが息を吹き返すまでの長い間、Jip'sのみなさんもきっと色々不安だった毎日を乗り越えて今すごく楽しいと思うんですね、それでも今の赤西さんがもっと評価されるべきであることは事実だし、絶対これからもっともっと認められていくだろうし、ファンがそう思っていることを他人から言ってもらえるのって嬉しいですよね、分かります。良かったねって思います。昔の赤西担、帰ってくればいいのにな。

 

で、何が言いたいかというと、わたしは5月1日のヒリヒリするような多幸感に満ちた東京ドームを体験しました。かめちゃんが、うえだくんが、なかまるさんが、考えて、耐えて、我慢して、守り抜いた、昔よりもっと洗練されておしゃれで更に煌びやかになったKAT-TUNのライブがそこにありました。
今でもカツンを応援してくださっている方もたくさんいると思うけど、今のカツンをご存じない方も、知っているけどライブまでは足を運んでいない方もたくさんいると思います。それがわたしはものすごい悔しいです。
赤西さんのパートを今メンバーがどんな風に歌っているのか、曲中のあの大事なフェイクがないと認める潔さとか、ぜひ、DVDで見てみていただけないでしょうか。
もちろんアーティスティックな世界を創り上げる赤西さんとは違ってアイドルである以上削ぎ落とす部分に限界はあるけれど、やっぱり赤西さんがいた時の方が…って思うかもしれないけれど(わたしがそう思っているわけではありません。念のため。)、なんにせよ、とりあえず見てほしい。
アイドルとしての誇りを持ったアイドルらしい激烈にかっこいいライブです。
赤西さんがカツンじゃなくなってから6年弱の間に素敵な曲だってたくさん生まれました。去年のライブで一番盛り上がる部分の曲は、当時の最新シングルのカップリングだったし、今回のライブではそれが最新シングルでした。
赤西さんや聖、たぐちくんがいたこと、そしていなくなったことをきちんと提示し認めた美しさがそこにあることを、わたしも昔カツンを好きだった人に知ってほしいです。

ということが言いたくて、ブログを書いてみました。

知ったか口調ですみません!怒らないでください!

いや怒ってもいいので!

DVD!買ってください!

通常盤!安いよ!

 初回盤!DVDケースより分厚いブックレットと新曲のCDがついてるよ!

DVD!!買ってください!!!!!!

 

 

 

もう一度行ってみて色んなことを確認したいんですが、昨日のライブは色んな偶然が折り重なって普段より譲りが多いライブだったことを知り、諦めました。うん、いつかまた行ってみたいです。

聖のことは未だに整理がついていなくて(引きずるタイプの人間)、曲もまともに聴いたことがないしライブも怖くて行く気になれないんですが、いつか行ってみたいと思える日が来たらいいなと思います。

最後まで読んでくださり、どうもありがとうございました。

 

(後半カツンの話もしたのでいいかなーと思ってジャニーズカテゴリに入れちゃいましたけど、それ以上の他意はありません)